奇想の発見: ある美術史家の回想

著者 :
  • 新潮社
3.71
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103358114

作品紹介・あらすじ

若冲・蕭白を見出した辻センセイの愉快でトホホなハミ出し人生。ギロリと眼を剝く曾我蕭白の雲龍図、岩佐又兵衛の血みどろ絵巻、そして大ブームを巻き起こした伊藤若冲の白い象――。花鳥風月を優雅に愛でる日本美術史の片隅ですっかりキワモノ扱いされていた「奇特な」画家たちを発掘し、ニッポンの美に禍々しき愉楽を与えた立役者。その自由な精神を育んだ生涯を綴る、初めての自伝。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 若冲と聞くと「ああ、あの白い象」と思い浮かぶ人も多いのでは。今でこそ人気の若冲だが、再発見され、見直されるようになったのは、約45年前に出版された一冊の本がきっかけだった。
    その著者の回想録である本書は、日本の美術史を振り返る一冊でもある。
    名古屋・岐阜も所々出てくるので、より身近に美術史が感じられる。

  • 伊藤若冲を再評価したことで有名な辻惟雄氏が自分の生い立ちから数々の業績を綴ったものだ.自伝を自分が書いているからだろうが、苦労して勉強した件はあまりないが、見えない所でかなりの努力をされているに違いない.運も良かったと述懐されているが、運も実力だ.楽しい自伝だ.

  • 自伝のようで作品論でもあり、非常に面白かった。日本の作品を見るために、アメリカまで行かないと駄目なのは、少し寂しいことだ。でも、ブライス夫妻のような人のおかげで作品もいい状態で残ったのかもしれない。

  • 辻惟雄の著書が無ければ、若冲も蕭白も知らなかったかも。。。

    新潮社のPR
    「若冲、蕭白、又兵衛――日本美術史の片隅に忘れ去られた画家たちを再発見した「変わりモノ」先生。その愉快でトホホなハミ出し人生。」

全4件中 1 - 4件を表示

奇想の発見: ある美術史家の回想のその他の作品

辻惟雄の作品

ツイートする