久遠の庭 「十二国記」 画集 (第一集)

著者 :
  • 新潮社
4.49
  • (29)
  • (15)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 267
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (103ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103359319

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 皆が文庫版で見ていたより、ずっと凛としていて素敵だった。幼い泰麒でさえ、麒麟として気高さが感じられた。一つ一つの絵からそのシーンを思い出して時折泣けました。陽子の赤い髪が本当に美しい。カラーページが少ないのがちょっと残念だけど。そして、楽俊可愛すぎた。人の楽俊もかっこ良いんだけど、やっぱり可愛かった。あー楽俊に埋もれたい。

  • WH版からの読者としてはほとんど見たことのある絵ですが、大きいサイズで、しかもまとめてじっくり見られるのはやはり嬉しい。買って良かった。
    表紙の陽子がもう、本当に素晴らしく美しい!
    この表紙を手もとに置きたくて買ったようなものです。
    大満足。

    欲を言えばもっと描き下ろしがあったら幸せだったなぁ。
    あと第二弾はいつ出るんでしょう。
    文庫新刊が出てから、そちらの挿絵まで納める算段なんでしょうかね。

  • ほとんどの作品が既出でしたが、
    大きい版だと細部の書き込みまで明瞭で・・・はぁ~美しい!
    楽俊の可愛さ、陽子の凛々しさ、
    泰麒の可憐さの原点は山田氏の絵なんだよ~と、
    再確認です。
    もう1冊も早く出て欲しいなぁ。

  • 講談社版を収録した十二国記画集。
    判型が大きいので見応えアリ。
    黄昏とかしょはホワイトハート版ではなくて講談社文庫版を購入していたので始めて見たイラストもあって嬉しい。
    あえて難を言うならざらっとした本文用紙だったらよかったなあ。

    ところで北米版なんてのがあったんですね。
    月の影で扱ってる「翻訳」ってどうなってるんだろう……。

著者プロフィール

漫画家、イラストレーター。京都精華大学マンガ学部客員教授。主な漫画に『ロードス島戦記〜ファリスの聖女〜』、挿絵に「十二国記」シリーズ(小野不由美著、新潮社)、「ドリームバスター」シリーズ(宮部みゆき著、徳間書店)など、作品多数。第27回星雲賞(アート部門)受賞。

「2019年 『火狩りの王〈三〉 牙ノ火』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田章博の作品

ツイートする