悟浄出立

著者 :
  • 新潮社
3.31
  • (54)
  • (210)
  • (313)
  • (74)
  • (18)
本棚登録 : 1524
レビュー : 282
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103360117

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 西遊記、三國志、史記など、中国の古典の脇役たちに
    焦点を当てた短編集

    もっと詳しかったらより楽しめたのだろうとちょっと残念だけれど
    物語では決して主人公ではない人々の
    心の機微をサラリと描いている。

    今までの万城目ワールドとは雰囲気がまったく違って
    ちょっとびっくりしたけれど
    これはこれでよし!

  • 中国の歴史で習った人たちを色んな視点で色んな場面を切り取った短編集でした。
    歴史を知ってないと厳しい部分も少なからずあって、ガッチリ分かってるともっと面白いんだろうなぁ…と思いながら読んでいました。
    万城目さんっぽくない作品で、軽快に物語がクルクル展開していくのではなくて、考えさせられるどっしりとした印象でした。万城目さんの魅力は計り知れません。。

  • 普通〜

  • 決して主人公にはなれないものたちの物語。

    でもいつでも主人公の隣にいたものたちの物語。

  • 悟浄出立というからには悟浄がいつもの4人から抜け出して出立・独立する話なのかと思っていたら違いました。もう完璧に八戒の話でした。でも、ちゃんと悟浄も出立もしました。ただただ流されるだけの今までの暮らしでさえも、この出立に辿り着くための経過だったのかもしれません。
    「好きな道を行けよ、悟浄。少し遠回りしたって、また戻ればいいんだ」
    いい豚だ。

    他4編、いずれも中国の古典にちなんだ作品ですが、とにかく勉強不足で元ネタが分からない!でも、教科書や国語の資料集で「名前だけは知ってる」ものばかりだったので、メジャーどころを押さえてくれているんだということは分かります。
    元の作品を知らなくても楽しめましたが、機会があったら、ちゃんと原作を読もう…

  •  西遊記における沙悟浄など、中国の古典の脇役にあたる登場人物の視点で書かれた短編が五作。

     物語の世界にどっぷり浸って読みました。創作なのですが、三国志の趙雲はそんなことを考えていたのかなど面白く読みました。

     オイラ個人的に残念なのが、 西遊記と三国志しか読んでいなかったこと。いや、自分が読んでないのが悪いのだけど。
     元ネタを知っていたら、もっと楽しめたかと思いました。

  • 中国古典の短編集
    元の話を読んでみたくなったが初めて古典に触れた私にはこれくらいがいいかな?

  • 悟浄の猪八戒の武勇伝。趙雲のイライラ。虞美人草。始皇帝暗殺荊軻と同名の人。司馬遷の娘、榮。

  • 中国文学でよく取り上げられる人物をベースにした短編集。各々がいろんな思いを抱えている。
    虞の話は、高校の時にやった漢文を思い出して思わずニヤッとした。それにしてもかっこよすぎる。
    かっこいい女性といえば、司馬遷の娘・栄もまた然り。今読む人がいなくとも、この先どこかで読む人が現れるという言葉はものすごい名言だ。

  • 元ネタを知ってれば、なお面白く読めたんだろうなあ。皆さん書いているように、いつもの万城目ワールドのつもりで読むと肩透かし。まあ、これはこれでいいんだけど。だけど、こちらに中国の古典なんてさっぱり知識がないから、なんともなあ・・・

全282件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1976年大阪府生まれ。京都大卒。2006年ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』が直木賞候補になる。他の著書に『ホルモー六景』『偉大なる、しゅららぼん』など。

「2016年 『バベル九朔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

万城目学の作品

ツイートする