パーマネント神喜劇

著者 :
  • 新潮社
3.47
  • (49)
  • (110)
  • (185)
  • (26)
  • (3)
本棚登録 : 975
レビュー : 168
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103360124

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 神様がもたらす出来事の連作短編集。

    既視感あると思ったら、智くん主演のSPドラマの原作短編があった。地震をモチーフにした短編にはちょっと泣かされた。

  • 図書館で借りたもの。
    アヤしげな「神様」に願いを託し、叶えられたり振り回されたりする人たちの、ドタバタ神頼みエンターテインメント。

    読みやすくてするする読めた~!
    親しみやすい縁結びの神様が主人公で、すごく面白かった!
    最後の話はしんみりしたなぁ。

    大好きな作品の『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』のかのこちゃんが登場してびっくり!!
    小学三年生になっていた✨

  • 180125
    話し口調で読みやすい。

  • 久々にヒット

  • やっぱり万城目さんは面白い。今回は、神社に住んでる神様の話。神様もいろいろ大変やな。

  • あまり仕事出来なさそうなのに、やる事やってて優しくゆるい。いい神さま

  • 少し人間寄りなのが楽しい神様。装丁、挿画も素敵です。
    かのこちゃん!!ってなりました。

  • こんな神様が本当にいたら良いな!御利益上がりそう^ ^

  • 一人称の語りで進んでいくお話。ちょっと軽いけど、過去作の登場人物が出てくるというサービスあり。

  • 縁結びの神様が、仕事のぼやきを交えながら人間を語っていく。

    インパクトのある濃い表紙からどたばたを覚悟していたところ、笑いのなかにもシビアな現実があり、最後は不覚にもほろり、しんみりとさせられた。
    過去の作品の人たちが登場するのは、愛読者にはうれしいところ。作者のおふざけやサービスに加え、その後ろに見え隠れする物事の本質をとらえた温かみが、私は好き。
    今後は、神社に行ったら神様へのお詣りの仕方も変わるかも。

全168件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

1976年大阪府生まれ。京都大卒。2006年ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』が直木賞候補になる。他の著書に『ホルモー六景』『偉大なる、しゅららぼん』など。

「2016年 『バベル九朔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パーマネント神喜劇のその他の作品

パーマネント神喜劇 Kindle版 パーマネント神喜劇 万城目学

万城目学の作品

ツイートする