パーマネント神喜劇

著者 :
  • 新潮社
3.47
  • (49)
  • (110)
  • (185)
  • (26)
  • (3)
本棚登録 : 975
レビュー : 168
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103360124

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 縁結びの神様たちのコメディ。
    最後はどうなることかとハラハラした。
    装丁が面白い。カバー裏がキュートでした。

  • 神さまがいたら、きっとこんなやり取りがあるんだろうな。ふふ。
    願い事をするときは、住所、氏名は言ったほうがいいのかも……なーんて。

  • 面白かったけど、最後それでいいの?とちょっと思った。
    2千年後の人たちが困るのでは・・・・。

  • 縁結びの神様がおこす、ドタバタお仕事劇。ユーモアがあって楽しいエンタメ作品。
    上にへつらったり、ずるしたり。神様なのに、人間くさい主人公。普通のおじさんのような内面と、神様という立場のアンバランスさが、面白い。
    最後は人情味のあるまとめ方。読後感もいい。
    「はじめの一歩」はドラマで見た気がしていた。調べてみると、やはり大野智主演で映像化されていた。

  • ヘンテコな神様、ファンタジーだけどノルマや昇任試験といったサラリーマンの悲哀要素、人の営みへの優しい目線などなど、これまでのマキメワールドがギュギュッと濃縮された連作でした。
    今まで以上に文体にクセがあるので好き嫌いは分かれると思いますが、これまで万城目学作品を読んできた人へのサービスが満載。
    かのこちゃんにまた会えたのが一番のプレゼントでした。

  • 万城目さんの新作。帯とカバーでヘンテコで阿呆らしいお話かなと期待値上げちゃった。縁結びのおっさん神様が昇進のためにノルマをこなしてくんだけど、最後地震が起こった街の神社でほにゃららいい話になった。
    同性カップルの出会いの場所が、前作のバベル九朔のレコ一だったり、最後の話に3年生になったかのこちゃん(!)が出てきたり。

    けど、なんだか可もなく不可もなくって感じ。万城目さんそろそろ卒業かしらん。

  • 万城目ワールド全開!
    久々に万城目学さんの本を手にし、ぶっ飛んだ話の展開に不思議な光景が目に浮かびながら読み進められました。
    表紙の絵の影響か?!

    神社にお祈りに行きたくなりました。
    神頼みは無駄なことではないんだな
    何かを一心にお祈りすることは神頼みしてるけども
    きっと自分の中で真剣に考えていて
    無意識に自分の行動に現れるのだと思う
    だから願いって叶うんだろうな

    と感じました。
    日本人の文化って悪くないよね
    必要な時だけ神頼みしてるかもしれないけども
    でも結局は自分に責任があることはわかっている

  • いまひとつ乗り切れず。
    読み返したら面白いのかもだけどなんだか
    そういう気になれな・・
    あと表紙のシャツ姿が地味に新鮮。
    図書館で借りたので顎辺りから帯貼り付けてあって
    見えなかったんだ

  • んー、神様も語り口調がちょっとまどろっこしくって読みにくい。
    そこが克服できればもっと楽しめたのかしらん。

  • 何とも日本的な神様(笑)。

    「はじめの一歩」
    「当たり屋」
    「トシ&シュン」
    「パーマネント神喜劇」

著者プロフィール

1976年大阪府生まれ。京都大卒。2006年ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』が直木賞候補になる。他の著書に『ホルモー六景』『偉大なる、しゅららぼん』など。

「2016年 『バベル九朔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パーマネント神喜劇のその他の作品

パーマネント神喜劇 Kindle版 パーマネント神喜劇 万城目学

万城目学の作品

ツイートする