夏の騎士

著者 :
  • 新潮社
4.36
  • (35)
  • (20)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 442
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103364146

作品紹介・あらすじ

あの夏、ぼくは「勇気」を手に入れた。稀代のストーリーテラーによる約3年ぶり、渾身の長編小説。人生で最も大切なもの。それは、勇気だ。ぼくが今もどうにか人生の荒波を渡っていけるのは、31年前の出来事のおかげかもしれない――。昭和最後の夏、ぼくは仲の良い友人2人と騎士団を結成する。待ち受けていたのは、謎をめぐる冒険、友情、そして小さな恋。新たなる感動を呼び起こす百田版「スタンド・バイ・ミー」、遂に刊行。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 勇気、そして子供の心情、思い、ためらいや異性への憧れを思い出させてくれる。
    人から見られて恥ずかしい・・・それだけがいやで気を使っていた自分を思い出した。
    一気に読ませる本ですね。

  • 一人称の小学6年の夏を回想した物語。清々しい読後感。なんか一生懸命やりたくなった。壬生がメッチャいい。

  • ひと夏の思い出を綴った文章は、小学生の視点だからとてもまっすぐで痛いほど心に響いた。ちょっとしたことがあだ名や悪口のキッカケになったり、その逆に好きのキッカケになったり。
    6年生で騎士団というのは、ちょっと幼い気もしたが、それが気にならないほどストーリが良くて、グイグイ引き込まれていった。少年たちの熱い友情や急速な成長もジンとしたし、ヒロインの少女もまっすぐでよかった。騎士団としての活動も全うし、終わり方も爽やかで、気持ちよく読み終えれた。
    一歩外に出れば大冒険の始まりで、木の枝を手に持てば最強の剣となり、布切れを首に巻けば王様のマントになる。親友と2人だけのタイムカプセルを将来掘り起こす約束を交わしたり、部屋の電気を消してお互いの好きな人を言い合ったり。小学生の頃にしか感じることのできない、あのドキドキを全て詰め込んだような小説だった。

  • 2019/7/27 読了
    2度読みしてしまうほど、良かった。名シーンがたくさんあり、主人公が勇気を出して行動するいくつかの場面は心がスッとする。近いうちに3度読み、4度読みするだろうなー

  • 面白くない、というわけではないけれど
    評価が高すぎるような気が…
    私自身にはそれほど刺さりませんでした。
    最高傑作!的な紹介を見て
    期待しすぎた所があったかもしれません。

  • 百田尚樹信者です。
    前作の日本国記はあれはあれで良かったですが、私はやっぱり百田先生の純粋に小説が好きです。

    少し読み始めようかと思ったらそのまま一気に読了でした。

    現実にはこんなドラマチックなことはなかなか無いでしょうが…これは先生の自伝?(笑

    最後のオチでほっこりして本当に良かったなぁって思いました。読んで良かったです。

  • 人生、無駄な出会いはない、と感じる内容でした。思ったことを行動に出す勇気、人の思いや行動が繋がっていること、何のために勉強や努力をしているのかが、少年たちの成長を通してしみじみ感じた大作でした。

  • 勉強もスポーツもいまいちな小学生の男の子三人のひと夏の思い出。誇り高い騎士に憧れ、自分たちもそうあろうとするも、なかなか思ったようにいかない苦悩と、そんな中でも振り絞る勇気と努力にじんとくる。夏休みに最適。

  • 正に夏休み、ぴったりの内容でした!

  • それなりに楽しめたけれど、いまいち合わなかった。有村さんの本心も結局ぼんやりとしかわからなかったし。

    今回、百田氏の著書を初めて読んだのですが、普段の印象が強すぎて、もっと激しい作品を勝手に想像していたのがいけなかったのかもしれない。
    やはり、私の場合、作者があまりに表に出ていらっしゃる方の小説というのは、楽しめないのかもしれないと思った。
    しかし、純粋に作者を知らなかったとしたら、まあまず、手を出すジャンルの本ではなかったのですけど。
    たまにはこういう読書もあってもいいかな。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

百田 尚樹(ひゃくた なおき)
1956年生まれ、大阪府出身の放送作家・小説家。『探偵!ナイトスクープ』の放送作家として活躍。
50歳の時にはじめて執筆した『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー。ヒット作となり、映画化されている。
ボクシング青春小説『ボックス!』が第30回吉川英治文学新人賞候補、第6回本屋大賞の5位に選出され、映画化もされた。『海賊とよばれた男』で2013年本屋大賞大賞受賞。コミック化、映画化された。

百田尚樹の作品

夏の騎士を本棚に登録しているひと

ツイートする