死ぬならボケずにガンがいい

著者 :
  • 新潮社
4.40
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103366119

作品紹介・あらすじ

50歳以上必読! 異色の外科医が「ボケずに元気」の秘訣、ズバリ明かします。「本好きはボケに注意」「ボケないためには筋肉量が重要」「ジョギングは危ない」「手術後にボケるという危険」「ガンなら最期の2ヶ月前まで普通に生活できる」「枯れるように逝きたいなら点滴するな」「お陰様でと言える患者は好転する」等、驚きの重要知識と実例満載。人に迷惑をかけず、自分らしく死ぬために必ず役立つ一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 筆者の医療観・健康観がすっと胸に落ちた。ゆるくて温かな語り口のためだろうか、それとも私自身がかねて持っているそれと響き合ったためだろうか。いずれにしろ、こうした「構え」を持っていれば、たとえ長生きできなくても、たとえボケてしまっても楽しく生きられるような気がする。

  • 良書。良心的な本。
    著者は、説得力がある。押し付けじゃなく、信頼出来る。名医だと思う。
    歩くこと。なんでも食べる。リラックスする。まめに動く。炭水化物は少なめに。お腹をすかす。同じ時間に起きる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

帝京大学医学部外科准教授

「2019年 『フローチャートいたみ漢方薬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新見正則の作品

ツイートする