天皇はどこから来たか

著者 :
  • 新潮社
2.88
  • (0)
  • (2)
  • (12)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 47
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103374053

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1997年7月10日、13刷、並、帯付
    2016年9月1日、津BF

  • 表題通り「天皇はどこから来たか」の有力な論拠を得ようとすると
    期待外れになるだろう。
    むしろ天皇制はどう確立し祭(祀り)と政の二重構造が日本の平穏を
    守ってきたか という点に本書は力点が置かれている。
    鹿児島の上野原遺跡の発見を高千穂を探る有力な根拠としている
    が私には疑問。
    たしかに200基以上の竪穴式住居の跡があったのだが、それは数千年もの間の何層もの地層から発掘された総数で同時代では10数基という点を
    長部氏は見落としている。

  • 古事記・日本書紀の謎を著者の豊かな想像を交えて掘り下げていく。難解な印象のあるテーマだけど、植物から始まり、祭りや地理など色々なヒントからアプローチしている。
    学説の引用ではなく、著者自身が考えて導き出していくので、謎解きをしていくようでぐいぐい読み進めた。割りに1ヶ月かかりました。

  • 内容(「MARC」データベースより)
    青森・三内丸山遺跡から始まった古代史像の大きな見直し。これに触発されて、著者が大胆な仮説を縦横に、日本の起源に迫る。縄文の巨木文化、伊勢神宮の謎、高天原の実在の有無など、斬新なテーマで進む歴史空想紀行。

  • 一般的な本が読みたい!と思ったらこんなの出てきちゃった。
    古事記読んでから出直してこようかな。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

長部日出雄(おさべ ひでお)
1934年9月3日 - 2018年10月18日
青森県弘前市出身の小説家、評論家。故郷である津軽についての小説、エッセイを多数刊行。
早稲田大学文学部哲学科中退。1957年『週刊読売』記者に。その後退職し、雑誌『映画評論』編集者、映画評論家・ルポライターを経て、作家になる。
1973年『津軽じょんから節』『津軽世去れ節』で第69回直木賞、1979年『鬼が来た-棟方志功伝』で第30回芸術選奨文部大臣賞、1986年『見知らぬ戦場』で第6回新田次郎文学賞をそれぞれ受賞。2002年『桜桃とキリスト もう一つの太宰治伝』により第29回大佛次郎賞・第15回和辻哲郎文化賞を受賞。紫綬褒章受章。
それ以外の代表作に『天皇はどこから来たか』『「古事記」の真実』など。2018年10月18日、虚血性心不全のため死去。

長部日出雄の作品

ツイートする
×