20世紀を見抜いた男―マックス・ヴェーバー物語

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (423ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103374077

作品紹介・あらすじ

なぜ、かくも正確に20世紀の運命を見据えることができたのか。今こそ偉大な哲人の警告に耳を傾け、抗い難い運命に抵抗を試みよ!ドイツが生んだ巨人の思想を読み解くとき、今世紀に我々が犯した過ちの病根が浮かび上がる。ヴェーバーの生い立ちを丹念に追い、壮大な思想的発展の過程を辿る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • このままでいいのか、いけないのか、それが問題だ。

  • タイトルの割りに中身は平凡。物足りない。 2005/04/22 百年以上も前、『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を著し、彼は資本主義の行く末を予言していた。経済と文化の発展の末に「精神のない専門人、心情のない享楽人」が跋扈する。二十世紀とは何だったのか?今日の混迷する世界の難問を解く鍵は?ドイツの偉大な哲人の生涯を丹念に辿り、その壮大な思想を読み解く評伝大作。

    マックス・ウェーバーの人物像に焦点を当てた内容で、彼の著作や思想に関する記述が少なく、やや物足りない。
    前半部分は丁寧に彼の人生(トラウマの部分)を追っているが、後半部分はさらりと紹介している。20世紀の資本主義社会にどのような影響を与えたのかをもう少し知りたかった。

全2件中 1 - 2件を表示

長部日出雄の作品

ツイートする