親が倒れた! 桜井さんちの場合

著者 :
  • 新潮社
3.50
  • (0)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (138ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103390510

作品紹介・あらすじ

いつまでも元気でいてくれる気がしてた。でも、そんなことあるわけないよね。突然倒れた父の介護は誰がする? 息子、娘、それとも年老いた母? 出来るだけ助けになりたいけど、自分の生活で手一杯の子どもたち。なるべく子どもに迷惑かけないようにと自分たちだけで奮闘する父と母。介護する側、される側それぞれの気持ちを細やかに描いたハートフル・コミック。介護世代のみならず、プレ介護世代も必読です!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 身につまされる。

  • あと10年くらいしたら、切実な問題となっているであろう「親の介護」の問題。

    突然倒れたら?
    入院っていつまで出来るの?
    リハビリは?
    自宅介護って何すればいいの?
    介護保険って?

    色んな質問に分かりやすく答えてくれます。ただ、これからどんどん社会的にも切実になっていく問題ですのであくまでも「現段階での」話。

    うちも3兄弟だけれど、誰が介護して誰がお金出して、施設に入れるの?延命処置は?とか色々もめそう。

    そんなことを見越してうちの母親がやたらと「延命処置はやめて」「家族葬でいいから」「葬式代は郵便局にあるから」とか言ってくれるのがのちに役に立つんだろうな。

  • 優しい部分だけで進んでいる印象。
    でもこわくないよって言われてる気もする。
    現実はもっともっと大変でつらくってうまくいかないと思う。
    何度でも仕切り直せるんだよって言葉が心強い。
    いつかくる日の為に。

全3件中 1 - 3件を表示

親が倒れた! 桜井さんちの場合のその他の作品

小林裕美子の作品

ツイートする