解散後全劇作

著者 :
  • 新潮社
3.76
  • (23)
  • (15)
  • (42)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 159
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103405115

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何回も読み直している本。ある意味キルは原点。胎児回帰。今は進んでいるのか戻っているのかわからなくなる。そのグルグルがまた面白くもあり苦しくもある。

  • 彼の舞台を観た人間なら解るだろう。
    発された言葉だけでは勿体ないほどの言葉遊びがそこかしこに散らばっている。
    どうしても活字で楽しみたく、購入。
    読み物として十分に興味深い。
    彼は矢張り天才であると再確認する。

  • 声に出して読んでみたときに初めてわかるリズムのよさ、響きのよさは「言葉の魔術師」の面目躍如、といったところ。
    「贋作・罪と罰」のあっけないまでのせつなさ、「赤鬼」の突き放されるような衝撃は、野田戯曲のラストシーンの中でも屈指だと思う。

  • 贋作・罪と罰が今のところ一番スキ。

  • 野田さん脚本の劇は、顧問のせんせーの前任校でやったらしい「赤鬼」をビデオで見ただけ。とまぁ知識は全くないわけです。
    「赤鬼」に衝撃を受けてこの本を手に取りました。んが、どの作品もそういった無知識、無意識のなかに何らかのものを及ぼしていきます。

    野田さんの劇が好きになる一冊です。いつか野田さんの劇をやってみたい。

  •  しばらく、ごぶさたandのんびり舞台を
    見に行く余裕はないのですが、数年後に
    そんな時間が持てるようになったときのために、

     また、コトバでの表現・訴えかける演出方法を学ぶために、
    いまだに中古本屋に行くことなく、家の本棚にある1冊です。

  • やっぱ野田秀樹、いい!
    すごいよー。
    中でも贋作・罪と罰、TABOO、最高。
    泣けてくる。なんて人間は汚ならしくて、美しいんだ。

  • キルと贋作と赤鬼は一応観てて、タブーとローリングストーンは知らなかった。面白い。言葉を玩び、翻弄して、全体を流れる絵を思う。思い出す。

  • 全て好き。中でもドストエフスキーを脚色した、「贋作・罪と罰」が素晴らしい。愛してる。

  • 言葉が楽しい。
    喋っても楽しい。
    体現することの嬉しさ。
    開くたび、舞台に立てる本。

全24件中 1 - 10件を表示

野田秀樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
野田秀樹
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

解散後全劇作を本棚に登録しているひと

ツイートする