一寸さきはヤミがいい

著者 :
  • 新潮社
3.38
  • (0)
  • (5)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103413110

作品紹介・あらすじ

「死ぬの大好き」のひと、ついに逝く。絶筆コラム「遠きみやこへかへらばや」を収録。有吉玉青、藤原正彦両氏の夏彦追悼も必読。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ふむ

  • 「死ぬの大好き」のひと、ついに逝く。『週刊新潮』に連載された「夏彦の写真コラム」を単行本化。絶筆コラム「遠きみやこへかへらばや」や有吉玉青、藤原正彦の追悼文も収録する。
    (2003年)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

山本夏彦
大正4年東京生まれ。コラムニスト、作家。「室内」編集・発行人。昭和22年『中央公論』に発表した「年を経た鰐の話」が坂口安吾らの目にとまり、注目を浴びる。その後、出版社勤務を経て昭和33年、月刊インテリア専門誌『木工界』(36年に『室内』と改題)を創刊し、以来編集に携わった。『週刊新潮』『文藝春秋』などにコラムを連載、一貫して、世相をするどく諷刺する辛口コラムを得意とした。昭和59年第32回菊池寛章を受章。
著書に『日常茶飯事』『編集兼発行人』『死ぬの大好き』『完本文語文』『「室内」40年』『私の岩波物語』などがある。平成14年に10月に死去した。

「2022年 『無想庵物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本夏彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ケン・グリムウッ...
山本 夏彦
三島由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×