苺畑よ永遠に

著者 :
  • 新潮社
4.20
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103452058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1994年読了 (記録あり)

  • <あらすじ>
     周囲の反対を押しきって佐智は東京からサッポロの大学へやってきた。授業は思ったより退屈だし、数少ない女子学生として孤立したりもするが、初めての下宿住まいや北海道の自然には思いもよらない発見がいっぱいある。佐智は新しい自分を模索し始める。

    <ひとことコメント>
    『夢の壁』、『時の筏』に続き、大学生になった藤本佐智が描かれています。

  • 20080815

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1936年札幌生まれ。41年両親とともに北京に渡り、47年引揚船に乗り帰国。北海道大学農学部卒業。農林省農業技術研究所に勤める傍ら、「三田文学」に作品を発表。72~89年自然観察会代表。82年「野餓鬼のいた村」で第14回新潮新人賞、83年「夢の壁」で第88回芥川賞、91年『尾崎翠の感覚世界』で芸術選奨文部大臣賞、2002年『長江』で毎日芸術賞を受賞。08年から財団法人北海道文学館顧問。日本野鳥の会会員。

「2015年 『尾崎翠の感覚世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤幸子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×