検事霞夕子 夜更けの祝電

著者 :
  • 新潮社
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103462071

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 橋の下の凶器・・・未亡人が、舅が愛人を作ったためおいだされそうになる。未亡人は舅を殺害する。先に血液の付いた凶器を橋の下に置いておくのだが、ばれてしまう。
    早朝の手紙・・・友人から自殺を彷彿させる手紙が届く。友人は本当に自殺しており、友人は隠しマネーのこともあり、友人の夫を殺害するが、ばれてしまう。
    知らなかった・・・愛人と結婚するために口うるさい妻を殺害し、自動車事故に見せかけるがばれてしまう。
    夜更けの祝電・・・酒癖が悪い夫が、復縁を望み元妻のところへ行くが断られ殺す。ダイイングメッセージを書き換えるが、ばれる。。しかし仁科が、仁品とか表記だったらどーすんの。ww 耳で聞いただけで、その表記と決めつけるのもなあ。とオモタ。。

  • (収録作品)橋の下の凶器/早朝の手紙/知らなかった/夜更けの祝電

全2件中 1 - 2件を表示

検事霞夕子 夜更けの祝電のその他の作品

夏樹静子の作品

検事霞夕子 夜更けの祝電を本棚に登録しているひと

ツイートする