漂流

著者 :
  • 新潮社
3.52
  • (12)
  • (13)
  • (20)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 188
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103502319

作品紹介・あらすじ

奇跡の生還から8年。マグロ漁師を再び海に向かわせたものは何だったのか? 1994年冬、沖縄のマグロ漁師・本村実は、フィリピン人らと共に救命筏で37日間の漂流の後、「奇跡の生還」を遂げた。だが8年後、本村は再び出港し二度と戻らなかった。九死に一生を得たにもかかわらず、なぜ再び海に出たのか? 沖縄、グアム、フィリピンなどで関係者らの話を聞き、漁師の生き様を追った渾身の長編ノンフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1994年3月、フィリピン沖合で一隻の救命筏が発見された。乗組員9人を乗せたその筏は、37日間、約2800キロを、死と隣り合わせのまま漂流していた。船長は日本人・本村実。残り8名はすべてフィリピン人だった。この1件は、当初、漂流期間や距離が記録的に長かったため、日本でもそれなりに報道されたが、やがて人々からは忘れられていった。

    本書の著者は探検家である。自身の探検を中心に据えた著書もあるが(『空白の五マイル』、『雪男は向こうからやって来た』)、本書は他者の「漂流」をテーマとしている。海での遭難・漂流というのはかなり特殊な状況で、食糧も飲料水もなく、自力で望む方向に向かうことも出来ず、サメなど危険な動物にも取り囲まれ、助けが来るのか来ないのかもわからない。探検家として、自然と人間の関わりを終始考えている著者にとって、「漂流」という切り口はうってつけだった。
    そうして過去のデータベースを当たっていて、上記の本村の漂流事故に興味を持つ。その顛末を追うノンフィクションを書くはずだった。
    だが、ことは意外な展開を見せる。

    本村本人の話を聞いてみたいと連絡を取ったところ、本村の妻から衝撃的な事実を聞く。
    何と、本村は事故の後、再び船に乗り、行方不明になっているというのだ。それも10年もの間。
    驚いた著者は、本村の地元、沖縄に飛ぶ。
    それは、再び消えてしまった本村を追うとともに、遠く、沖縄離島の海洋民の歴史を追う旅でもあった。

    本村は、沖縄本島の南西に位置する宮古列島の1つ、伊良部島に生を受けた。島の佐良浜はかつて、南方カツオ漁で栄えた地だった。戦前から戦後にかけて、フィリピン・インドネシア・ミクロネシアといった南方の島々へ行っては豪快にカツオを獲って金を稼ぎ、派手に使うのが佐良浜漁師だった。
    元を辿れば佐良浜の人々は漂着民であり、海の先でも躊躇なく出かけてしまう気質や、素潜りなどの海技に長けた性質を受け継いできた。
    ある種、行き当たりばったり、ある種、思い切りのよい、腕のよい漁師。彼らは、その長所を武器に、沖縄周辺だけでなく、南洋へも進出していた。南方カツオ漁は徐々に廃れていき、現在ではグアムを拠点としたマグロ漁に移行している。実は沖縄は全国有数のマグロの産地なのだ。本村の漂流もマグロ船に乗っていたときのことだった。

    一度、過酷な体験をしたにも関わらず、なぜ本村は再び船に乗ったのか。
    その疑問を追ううち、著者は次第に海洋民の「陰」も感じるようになっていく。
    漁に出るのは、海が好きだから、とか、自由を愛するから、とか、牧歌的な理由ではない。彼らの行動規範や人生観には、陸で生きる人々とはまったく違うものがあるのではないのか。
    昔から、漁場をダイナマイトで吹っ飛ばしては魚をがっぽりと捕る、危険なダイナマイト漁にも手を染め、それに使う火薬を手に入れるために沈没船から違法に盗み出し、その過程で手や足を失ったり、命を失うものも多かった。
    行方不明になっているのは本村だけではない。出たきり帰ってこないものは他にもいた。行方不明の人々はあわいを漂う。生きてはいない。さりとて死んでもいない。人々は「拉致でもされたのかね」と噂する。いずれにせよ、ある程度日数が経ってしまえば、探すこともできず、安否が幸運にもわかることを待つしかない。
    海洋へ出るということは危険なことだ。楽しいわけではない。好きなわけでもない。しかし、ここでしか生きる「術」はない。
    「刹那」を生きる彼らの姿が、徐々に浮かび上がってくる。

    本村はなぜ再び漁に出たのか。彼の安否はわかるのか。
    著者の旅はその疑問を牽引力とし、海の民の「生」、いや、さらに広く人が「生きること」への思索を誘う。それはどこか、人が奥底に抱える「原初」を見透かそうとする試みのようでもある。



    *同じく漂流を題材にしたノンフィクションとして『漂流の島』があります。鳥島漂着民の残像を追うような作品ですが、そういえばこの本、本書の著者の角幡さんの書評を読んで読む気になったのを思い出しました。

  • この一文、著者の著作のほとんどに通じると思う。
    『現代の都市生活者は死が見えなくなり、死を経験することができなくなることで、死を想像することもできなくなった。そしてその結果、生を喪失してもいる。』

  • 1994年3月、37日間におよぶ漂流から「軌跡の生還」を果たした男がいた。しかし、その8年後、男は再び漂流し、今日まで還っていない。そして、その生に引き込まれるようにして始まる著者の彷徨。沖縄、グアム、フィリピン、寄せては返す波に、ほとんどおぼろげな足跡が見せるのは、その男の生ではなく、その島の性であり、その民の歴史であった。漂流を祖に持ち、漂流を伝統とする海の民と、南洋マグロ、カツオ漁の栄枯盛衰。二度漂流した男、本村実はいかにして、どのようにしてあったのか。「海という世界がもつ底暗い闇の奥深さ」に触れる、誰も知らない、知られようともしないの民の歴史の断片。探検家、角幡唯介の新境地。

    「私が終止いだいていたのは、本村実は行方不明者となることで佐良浜という土地と海の倫理を貫徹することになったのではないかという思いだった。」

  • 読み終えて見れば特に何も起こっていないのだが、自分語りが嫌味になっていないのは、取材と体験を離れて語ることをしないからなんだろう。エピソードの並べ替えもあざとくならないのが不思議。

  • 一ヶ月くらいずっと読んでいた本。
    読んでいる間じゅう、底知れない取材力、そしてその内容に圧倒されていた。
    自分の語彙じゃ言い表せない。
    広い。
    深い、海の世界。
    考えてみたこともなかった、そんな視点で見たこともなかった。
    今年一番の本かもしれない。
    こういうのがあるから読書ってやつは最高だーな。

  • 1994年日本人を含む沖縄の漁船員たちが37日間の漂流のあと、奇跡的に救出された。
    漂流物の執筆を打診されていた筆者は、その話に目をつけ深く掘り下げていく。

    調査していくと、救出された日本人船長はその生還から10年後また海で遭難して行方不明になっていたのだ。
    そこから、筆者は沖縄の一地方に住む池間民族(海洋民族)の存在を知る。
    そして、遭難した船長の足跡をきっかけに、日本における海洋民族の歴史について追っていくこととなる。

    漂流にフォーカスした冒険譚ではなく、日本の海洋民族についての調査研究として読むのであれば満足できるが、漂流にフォーカスしたものを期待した私には、少し冗長だった。

  • フィリピン人船員と漂流した男・実のインタビューを試みた主人公。妻からの返答は、「また行方不明になっている」だったー
    構成がうまく、文量があるにもかかわらず、冒頭から引き込まれてしまう。
    ボリュームがあるのは、海で生きる、という人々の生き方や歴史を学ばないと、物語のスタートラインに立てないからだ。

    ある日、隣のひとがいなくなるという日常。陸で暮らす我々との価値観の違い。
    真っ黒な闇の中の海を描いて終わる、謎が解けないままのラストシーンは、作中の激動とはあまりに対照的で静かで不気味だ。小さな人間の話など、なかったかのように飲み込んでいく、大自然を目の当たりにする。

  • 海に生きる人々に脈々と流れているもの、生きることは大変なことだ。

  • 漁師の世界は違う、みたいな語られ方はよくしますが、本書はその中でも南太平洋を舞台にカツオやマグロを追いかける漁師たちの世界を、37日間の漂流の末救出された一人の漁師をきっかけに追っていきます。

    パラオやグアムを近いとするその感覚は戦前の南洋進出の時代から土台があり、日本語よりある島の方言が共通語となっているその世界は、陸の世界からは想像もつかないものでした。

    新聞でもテレビでも取り上げられることのない南太平洋に広がったまったく別の日本という世界に分け入った良書です。

  • 1994年、日本人を含む9人の漁師が、37日間の漂流を経た後にフィリピン沖で保護された・・・。
    この本は、生存者の中で唯一の日本人だった船長を追った、ノンフィクション作品です。

    約20年後に本人に取材しようとした著者は、その妻に衝撃的な話を聞きます。
    それは、船長は10年前に漁に出たまま、行方不明になっている、ということ。

    その事実に驚いた著者は、現地に赴き、彼の関係者を訪ね歩いて、1回目の漂流の様子と、2回目の漂流に至った経緯を調べます。
    その過程で見えてきたのが、船長が生まれ育った沖縄県宮古島群島伊良部島佐良浜という地域の、特殊な郷土史とそこに暮らす人々について。

    海に出れば食料を調達できる、逆に言うと漁師しか生活する術が無い、という環境。
    その中でも特に、外部思考の強い佐良浜の漁師たち。

    遠くグアムやパラオまで漁をしに行き、大きな富を得る。
    でもしばらくすると、その漁が成り立たなくなる。
    そんな、繁栄と衰退を繰り返してきた人たちだといことがわかってきます。

    主人公である船長の足跡を追うことによって、海洋民としての佐良浜の人たちの気質や、その行動原理への理解が深まっていく、という内容になっています。

    継続的に海に行く機会があり、海に関する情報には日常触れているつもりでいましたが、本書の内容にはただただ、驚いてしまいました。

    同じ日本という国の中に、このような地域、そしてそこに住む人の人生がある。
    「事実は小説よりも奇なり」・・・あらためて感じさせてもらえた、ノンフィクション作品でした。
    .

全22件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1976年、北海道芦別市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、朝日新聞社に入社。同社退社後、ネパール雪男捜索隊隊員。『空白の五マイル』(集英社)で開高健ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞受賞。『雪男は向こうからやって来た』(集英社)で新田次郎文学賞受賞。『アグルーカの行方』(集英社)で講談社ノンフィクション賞受賞。

漂流のその他の作品

漂流 Kindle版 漂流 角幡唯介

角幡唯介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

漂流を本棚に登録しているひと

ツイートする