14歳のバベル

著者 :
  • 新潮社
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103508526

作品紹介・あらすじ

巨大テロか古代王国の再臨か。カウントダウンの始まる中で展開するファンタジー長編。担ぎ込まれた病院の診察台で、14歳の見た奇妙な夢が発端だった。ビール樽の林立する地下工場。指揮を執る少年王シルトの姿。彼は告げた。地上世界は間もなく消滅する。代わって自分たちが人類史をやり直すのだと――。ビール会社の新商品キャンペーンにカムフラージュされた黙示録的計画。今週末の金曜日が危ない!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初出の記載なく書き下ろしか。

     滅亡したと思われていた古代シュメール人が、実はずーっと日本の地下で暮らしていたが、8年前に日本列島で大異変を引き起こし、ビールの副作用で日本人を地下に閉じ込め、地上を支配しようとしていた。というトンデモ話。

     中学生の冬人は8年前の事変以来、度々意識を失い精神的に落ち込んで保健室登校していたが、あるとき意識失っているときに、夢で異様な人々が働いている場に行き、そこの少年王と友達になったが、実は実体験であったことに気づく。
     やがてそれは、すでに地上でかなりの勢力を張っていた地上シュメール人によって、地下シュメール人の様子を探るために送り込まれ、地上シュメール人の王であるビール会社の社長は地下の人々を抹殺しようとしていることを突き止め、ビール会社に勤める父と協力して陰謀を妨害する。

全3件中 1 - 3件を表示

暖あやこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

14歳のバベルはこんな本です

ツイートする