• Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103511120

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「迷う」から「惑う」を読んで「迷惑」完成(笑)
    加納さんのお話は『トオリヌケキンシ』系。
    あなたはあなたのままでいいんだよとそっとエールを送る。じんわり。
    いつも楽しみの光原さん、今回はマヨイガ三題。
    確かにお菓子の家もマヨイガ的だわとおもしろかった。
    思わずうるっとした矢崎さんのお話が一番好き。
    結果は変わらない、だけど、旅立つ人にとってなんて優しい“誤差の範囲”。
    「迷う」と「惑う」。似た意味の2冊だけど、こちらのほうが凝った(凝りすぎた)作品が多い印象。
    アンソロジーとしては、私は「迷う」のほうが好みだった。

  • 図書館より。

    楽しく読了。あっという間に読み終わってしまった。これが短編小説の醍醐味(悪くない(笑))。
    大崎梢先生の話で、気に入っている絵本の話があって嬉しかったり。まさに内助の功!といったような話だったり。
    久しぶりに、この手の小説を楽しく読了できました。ご馳走さまでした!

  • 色々な方の作品が読めて良かった。

  • +++
    淡い恋心、男か女か、宇宙人が来襲!?火事と焼死体への既視感、そして、人生をあの時からやり直すべきか…。最強の作家集団、四たび集結。全作品書き下ろし。
    +++

    アミの会(仮)によるアンソロジーである。著者のラインナップは、大崎梢、加納朋子、今野敏、永嶋恵美、法月綸太郎、松尾由美、光原百合、矢崎存美。
    ほのぼのテイストあり、ホラーテイストあり、SFチックあり、ファンタジーテイストあり、とバラエティに富んでいて、次はどんなだろうと興味が先へ先へと導かれる。テイストは違えど、人の一生は、日々迷いと惑いの連続なのかもしれないと、改めて気を引き締める心地にさせられる一冊でもある。

  • 【収録作品】「かもしれない」 大崎 梢/「砂糖壺は空っぽ」 加納 朋子/「惑星Xからの侵略」 松尾 由美/「迷探偵誕生」 法月 綸太郎/「ヘンゼルと魔女 赤い椀  喫茶マヨイガ」 光原 百合/「最後の望み」 矢崎 存美/「太陽と月が星になる」 永嶋 恵美/「内助」 今野 敏 
    力作揃いのアンソロジー。

  • 今回もアミの会(仮)は面白い。
    加納さんの砂糖壺の話が1番好き。今野さんの内助もよかった。
    しんみりするものあり、ぞっとするものありなのも嬉しい。
    それにしても、(仮)の謎はいつ明かされるのか(笑)

  • お題の“惑”に対する応えの方向が、作家さんそれぞれ全く違うのが面白い。
    法月綸太郎、今野敏がゲストというところに、出版社や編集者主導でないアミの会らしさが表れているように思う。

    「かもしれない」/大崎梢
    「砂糖壺は空っぽ」/加納朋子
    「惑星Xからの侵略」/松尾由美
    「迷探偵誕生」/法月綸太郎
    「ヘンゼルと魔女」「赤い椀」「喫茶マヨイガ」/光原百合
    「最後の望み」/矢崎存美
    「太陽と月が星になる」/永嶋恵美
    「内助」/今野敏

  • 今野敏さんの「内助」が良かった。この家族の話、他にもあったら読みたい。
    全体的に惑わされた人々の話でざわつく感じのが多かった。
    でもこのアミの会のアンソロジーはお得感あふれてとても面白い。

  • 大崎梢、加納朋子、今野敏、永嶋恵美、法月綸太郎、松尾由美、光原百合、矢崎在美によるアンソロジー。矢崎在美さんのお話が一番身に染みた。いや、親父じゃないけど(笑)。

  • 「迷う」の方が怖い話が多かっただろうか。
    今作はじんわり、ほっこり系が多かったかも。
    登場する作家さんの他作品も読んでみたい。

    「かもしれない 大崎梢」
    →ヨシタケシンスケ氏の絵本は確かに可愛いし面白い。
    日常ミステリー?

    「砂糖壺は空っぽ 加納朋子」
    →物語ならではの綺麗な謎解きラストだけれど、でもこの後も主人公は生きていくわけで。
    思い出だけでは生きられないし、納得して満足した思い出でもないわけで、ラストの主人公の 今だけは って思いが辛い。。ISって漫画を思い出した。

    「惑星Xからの侵略 松尾由美」
    →自分的には迷う、かな、と思った。ラストの主人公の選択、うんうん、実際はそうだよね、脚本などと違って、最善が何かわからないしなかなか行動に移せないものだよね、と。甘酸っぱい。

    「迷探偵誕生 法月綸太郎」
    →ジョーカーシリーズで頭の良い人達は敗戦まっしぐらの日本とどう折り合いをつけていたのだろう、と思ったのを思い出した。
    賞賛を得るのが楽しい人だったら、名探偵の地位は嬉しいだろうけれど、謎解きが楽しい人だとこうなるのか。。

    「へンゼルと魔女/赤い椀/喫茶マヨイガ 光原百合」
    →昔話、伝承をモチーフにしているのだろうか。
    赤い椀の女性のような考え方、自分は持ち続けること出来るだろうか。。
    マヨイガの女性の行動が読み終えて爽快感。

    「最後の望み 矢崎存美」
    →親になる人に是非ともこのアドバイスを読んで欲しい!

    「太陽と月が星になる 永嶋恵美」
    →正に 惑わせる だなぁ。。。 

    「内助 今野敏」
    →ラストを読んでタイトル理解。出来た奥さん。。

    「あとがき 大崎梢」


    怖いんだろう?
    父親になるなんて実感がないんだろう?
    でも、…に対してだけは、その不器用を捨てろ。
    なるべく一緒にいられるようにしろ。世話も、女房の手伝いじゃなく、一人でなんでもできるくらいになれ。よく観察して、なんでも憶えておけ。
    日記をつけるのもいいな。
    手帳に2、3行でもいいんだ。忘れてもいい。あとから書いてもいい。思いついたら、なんでも娘の事を書いておけよ。
    女房が娘の事を話してくれるのを待つんじゃなく、自分から訊くんだ。話さなければ問題ない、なんて思うな。
    娘の好きなものや好物がなんなのか、ちゃんと憶えているようにしろ。
    娘がいっしょうけんめいやっていることを、頭ごなしに否定したりからかったりするな。
    理解できなくても、いっしょうけんめいやっていることは評価してやれ。そのときになにも言葉が出てこなかったら、あとから手紙でも書け。メモでもチラシの裏でもいい。たったひとことだけでもいい。はげましてやれ。
    娘がはなしかけてくれないからって、自分も話さないなんて思うな。そんなの気にしてもなんの得にもならない。自分から話しかけるんだ。何の話をしたらいいかわからなかったのは、娘の事を知らなかったからだ。知れば、きっと話しかけられるー。

    お前は、すごくよくやってるよ。毎日毎日、真面目ずっと働いて、女房と生まれる子供のために金を稼いでるー。おれはそれを知ってる。お前がすごく頑張ってることを。
    お前は今でも充分偉い男だ。みんなそう思ってる。だれも言わないから、俺が言ってるんだ。

    だから、これからいい父親にもなってくれ。娘に対してはー娘に対してだけでもいいから、不器用さとか照れくささなんて捨ててくれ。やり方が分からなかったら人に訊け。それを恥と思うな。

全39件中 1 - 10件を表示

アミの会の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする