• Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103511120

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お題の“惑”に対する応えの方向が、作家さんそれぞれ全く違うのが面白い。
    法月綸太郎、今野敏がゲストというところに、出版社や編集者主導でないアミの会らしさが表れているように思う。

    「かもしれない」/大崎梢
    「砂糖壺は空っぽ」/加納朋子
    「惑星Xからの侵略」/松尾由美
    「迷探偵誕生」/法月綸太郎
    「ヘンゼルと魔女」「赤い椀」「喫茶マヨイガ」/光原百合
    「最後の望み」/矢崎存美
    「太陽と月が星になる」/永嶋恵美
    「内助」/今野敏

  • 今野敏さんの「内助」が良かった。この家族の話、他にもあったら読みたい。
    全体的に惑わされた人々の話でざわつく感じのが多かった。
    でもこのアミの会のアンソロジーはお得感あふれてとても面白い。

  • アミの会 第四弾。
    『迷惑』:「迷ーまよう」と「惑ーまどう」の内の「惑」のほう。

    かもしれない/大崎梢、砂糖壺は空っぽ/加納朋子、惑星Xからの侵略 松尾由美、迷探偵誕生/法月綸太郎、ヘンゼルと魔女/赤い椀 ・喫茶マヨイガ/光原百合、最後の望み/矢崎存美、太陽と月が星になる/永嶋恵美、内助/今野敏 

    「迷」が最高に面白かったのに比べ、こちらは良い話が多く、凡作というかあまり面白くなかった。

    永嶋恵美「太陽と月が星になる」は、皮肉が効いていて一番面白かった。
    今野敏「内助」は、刑事の妻が事件解決に貢献するというミステリーで普通に面白かった。
    (図書館)

  • 大崎梢「かもしれない」が好み。
    (題材でもある絵本の「りんごかもしれない」は名著ですね)

  • いろんな作家さんの話が読めて
    お得感たっぷり。

  • 同時に刊行された「迷」とあわせると「迷惑」になるという面白いタイトル(そしてアンソロジーのテーマでもある)の一冊だ。
    迷うに比べると惑うというのは受動的というか「惑わされる」という感じなのかも。迷う、に比べるとテーマがいまいち見えにくい感じがしたけれど、こちらも作家の個性もさまざまで面白く読んだ。

  • シリーズ第四弾。「アミの会」メンバーそれぞれの味わいがあって、アンソロジーの良さを楽しめた。ただ、「ゲスト」である二人の男性作家の作品はちょっと…。特に今野敏「内助」は、なんじゃこりゃ?って感じ。

  • 「迷う」に続く同時出版の「惑う」
    それぞれ違う雰囲気でよかった。

    追いかけられてない今野敏さんの
    「竜崎さんちの奥さん」が出てきて
    嬉しかった。

    ちゃんと追いかけよう。

    好みとしては「迷う」のほうがストレートで好きかな

  • 大崎さんがヨシタケさんの絵本をテーマにしていた。「かもしれない」と想像するって大事。光原さんのヘングレも面白かった。

  • 目当ての加納さんは、トオリヌケキンシに入ってそうなお話。これはこれで良かったけど、昔みたいな作品はもう書かれないのかなぁ。
    ほかは読んだことのない方ばかりでしたが、イマイチどれも惹かれませんでした…。

アミの会の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする