プレゼントでできている

著者 :
  • 新潮社
4.08
  • (3)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 127
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103512158

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「僕はよく、ものをもらう。もらったものは買ったものより捨てにくいし、何かをもらうと何かをお返ししたくなる。なぜだろう?」
    矢部さんがもらってきたプレゼントと思い出のリボンをほどきながら、人のつながりを考えるコミックエッセイ。

    あたたかみのある絵柄でほんのり笑えるエピソードたち。その中に見え隠れする哀愁、わびさびの雰囲気が好き。ぼくは四コママンガって読むのが疲れることが多いんだけど、矢部さんの四コマは深呼吸するように読める。「プレゼントって何だろう?」という素朴な疑問を出発点に、こんなにやわらかく哲学する本を描けるのがすごい。

    いきなりのモンゴルの絨毯エピソードが楽しかった。テレビの企画でモンゴル人の家族と日本で一緒に暮らすという無茶ぶり。日本語はもちろん英語も通じない!言葉を少しずつ覚えていって、最後はモンゴルのゲルで暮らすという異文化交流!日本では気づかなかった文化の意味を、現地で知るというのがいいよね。塩ミルクティーは飲んでみたいなあ。お別れの時にもらった絨毯。玄関の絨毯を踏むたびに、モンゴルの草原に立った瞬間を思い出すんだろうね。

    香川のバーのマスターの話もよかった!めちゃくちゃ良い人!この本を読んでくれてたらいいなあ。初めての舞台に矢部さんを抜擢した作・演出の先生の言葉も沁みる。
    「芝居は風に書く文学ですから」
    風が吹き抜けたかのような一言が素敵すぎる。芝居も人生も風なのかもしれない。その一瞬を楽しむこと。楽しんだ一瞬は思い出になって、永遠になること。その繰り返しで人は生きている。

    「もらったものは捨てづらい もらった瞬間 もらったものは ものじゃなくなるような気がします」
    「同じものを買っても…同じではない もらった瞬間 もらったものは お金では買えないものになる気がします」
    「もらうはあげる あげるはもらう」
    プレゼントはそのどちらでもあるんだという解釈が好き。別に「もの」じゃなくてもいい。あげるのは笑顔でもいい。落ち込んだ矢部さんに先輩が「笑おうよ!矢部くん!よかったよ!笑おう!誰かに!届くから!」と笑顔で励ます思い出もグッときた。

    矢部さん、素敵なプレゼントをありがとう。

  • ホッコリした漫画だった。
    矢部太郎さんは、本当にイラストエッセイの才能があると思う。
    もらった、物、もの、感情、気持ち、挨拶、言葉、人からもらう、される、全てプレゼントで贈り物なのかも。
    イヤな事をされても、言われても、辛い事があっても。 そこから学ぶ事があれば、それは贈り物になる。

  • 矢部さんの漫画の魅力を「大家さんと僕」で味わった。本作もその魅力を楽しめそう。不覚にも他作品が出版されていたことを知らなかったので、過去作も含めて読みたい

    #プレゼントでできている
    #矢部太郎
    24/3/27出版

    #読書好きな人と繋がりたい
    #読書
    #本好き
    #読みたい本

    https://amzn.to/4cB1n1Q

  • 『大家さんと僕』の矢部太郎さんのコミックエッセイ

    プレゼントを通して今までに出会った人との関わりや自分自身について振り返っています。
    家族や友人、お仕事を通して出会ったモンゴルやアフリカの人たち。

    時間を経て思い出すことで初めてわかる
    プレゼントの意味、当時の自分、有り難さや恥ずかしさ。

    頂くばかりで申し訳ないと思ったこと
    自分はいいと思った贈り物が独りよがりだったと気づいたこと
    もらったはいいけど使いこなせない貴重なもの

    読んでいて自分にも心当たりがあるなと感じることがたくさんありました。

  • すぐ読み終わってしまいました。
    あまりかんがえずサラサラと読みすすめられ
    それでいて ほぐれる感じ。
    ゆるいタッチの あたたかな絵で 
    著者の日常や 今までの経験など
    時々シニカルだったり さみしかったり 笑えたり。
    「感動モノ!」「泣けるでしょ?」という感じがなく
    ほどよく 力が抜けて とても読みやすかったです。

    昔のテレビの話だったり
    身内のお話があったり 
    著者やその周辺のコトを知らないとわからない部分もありますが そんなに気になりません。

    おくりものにまつわる いろんなおはなし。

    著者の 真面目な人柄が伝わってきますし
    とっても良い本です。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

絵 矢部太郎
1977年生まれ。東京都村山市出身。芸人・マンガ家。1997年に「カラテカ」を結成し、舞台やドラマ、映画で俳優としても活躍。初の著作『大家さんと僕』で第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。『大家さんと僕 これから』『ぼくのお父さん』(すべて新潮社)、『マンガ ぼけ日和』(かんき出版)などの著作も持つ。週刊マンガ雑誌『モーニング』(講談社)で「楽屋のトナくん」を連載中(2023年6月現在)。

「2023年 『10歳からのもっと考える力が育つ20の物語  二代目童話探偵シナモンの「ちょっとちがう」読み解き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

矢部太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
矢部 太郎
瀬尾 まいこ
凪良 ゆう
凪良 ゆう
西 加奈子
町田 そのこ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×