アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者

著者 :
  • 新潮社
3.80
  • (31)
  • (70)
  • (32)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 578
レビュー : 50
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103512813

作品紹介・あらすじ

ビットコインは「もう終わった」。ブロックチェーンは「これからが本番」。日銀出身の決済システムの第一人者が、未来の通貨として注目されるビットコインの崩壊を、その設計と運用の両面からいち早く予測。さらに仮想通貨の中核技術「ブロックチェーン」が、ゴールドマン・サックスや三菱東京UFJ銀行、そして各国の中央銀行を巻き込みながら、金融界に大革命を起こしつつある状況を鮮やかに描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 非金融業界に対する話ももっと欲しかったが、国際送金と証券決済が有力な応用分野としてそれぞれの課題と適用可能性を説明しておりまあまあ為になる。

    ビットコインはブロックチェーンの象徴みたいに語られるけどあれはかなり特殊なんだよというのが書かれてるのは良かった。
    (殆どの人がそこを勘違いしてるので)

  • ブロックチェーンの話題が中心。ビットコインの説明は前半で言及。わかりやすい。後半やや飽きる。

  • ●ICOは魔法の錬金術か?新規仮想通貨公開とも言われます。これは企業が上場して株式を発行して資金調達を行うIPOに擦られた良い方で、株式の代わりに独自の仮想通貨を発行して資金調達をすることを指します。発行されるコインは、法律的な取り扱いや規制のあり方も定まっておらず、投資家保護の仕組みも未整備です。マイナーなトークンについては、いざ売ろうとしても、取引所では取り扱ってない可能性もあります。
    ●ブロックチェーンから分散型台帳技術へ。
    ●貨幣が電子化するのは歴史の必然である。
    ●高くて遅い「国際送金」海外との色のやりとりは、海外の「コルレス銀行」とのあいだで契約を結び、お互いに口座を開設しやって、個別に資金の受け払いを行うのが一般的。こうした送金メッセージの間通信を行っているのかスイフトです。

  • 日銀やBISを経てきた著者なので、すごく体制側の視点で書かれていると思いました。
    ビットコインに懐疑的な人がいてもいいと思いますが、そちら側の視点ばかりを示していて単眼的だと思いました。
    ブロックチェーンの真の良さを知りたかったのですが、Webで得られる情報を超えたものはなかったです。
    ブロックチェーンは「守りの技術」という感じで、銀行などが好きそうな退屈な技術というイメージが払拭できませんでした。
    上がり続ける資産はないと言っていますが、米国株は上がり続けています。これからもそうだとは言えませんが、通貨云々ではなく、政治力の差、国力の差、国民マインドの差など、もっと本質的な議論に目を向けないと日本は絶対的にも相対的にも沈むだけだろう、という思いを強くしました。

  • 2017年10月発行 
    過大評価されている仮想通貨
    2013・2014年国際会議でも話題→2015年・終わったブーム
    期待が高まるブロックチェーン 不正防止 登記、医療、選挙システム、ダイヤの鑑定書 コストが10分の1

    すべての始まりはビットコイン 2008年サトシナカモト BTC 最小単位少数第8位 0.00000001☆900,000円だと 円
    各ウォレットにビットコインアドレスを割り当て P2P peer to peer 端末はpeer 又は node

    ビットコインを支える不思議なメカニズム 所有者が2人に譲渡した場合→どちらが正しいか決定
    ①1つのブロックに10分間の取引の情報が収納②ハッシュ値 hash value 元になるデータから一定の計算方法によって求められる規則性のない固定長の値 出力値から入力値(元データ)は復元できない(一方向関数)③ナンス値 number used once
    ブロック全体のデータ=前ブロックのハッシュ値+取引データ+ナンス値
    次の新規ブロックを追加できる条件→そのブロックのハッシュ値が一定の条件を満たすものになることが必要(ハッシュ値の最初に一定以上のゼロがあること)→適切なナンスを探し当てる必要がある
    複雑な計算必要 プルーフオブワーク→この計算に約10分必要・悪意の偽装は世界中のコンピュータでも困難

    マイニング→最初の人が報酬総取り・2番手以降が承認

    1000種類以上もあるビットコイン類似の仮想通貨 アルトコインalter coin 代替えするコイン
    時価総額2017年8月 ビット56,037MD イーサリアム27,850MD リップル6,907MD ビットコインキャッシュ4,570MD

    ビットコインは果たして通貨か?→法律で定めているものに含まれていないので違う→同義語反復(トートロジー)的説明
    貨幣の3大機能は満たす①交換手段②価値の尺度③価値の保存手段
    帽子が0.027742BTC 価格が予想外に高騰しBTC建ての表示価格は小数点以下の細かな数字になってしない価格表示機能としては分かりにくい・ビットコインの設計段階では現在のような高い価格は想定されていなかったことが推測できる。
    価値の保存手段 2013年3月キプロス危機・預金封鎖を嫌いビットコインへ 1BTCが5ドルから250ドルへ

    第2章 仮想通貨に未来はあるのか ビットコインのダーティーなイメージにつながった3つの事件①麻薬サイト・シルクロード(特別な手段によってのみアクセスできるサイト・深層サイト)→BTCが決済手段だった
    ②マウントゴックス(☆東京のどこにあったのか?)470億円顧客分75万BTC自社分10万BTCがハッキング→警視庁調べで社長の自作自演
    ③ランサムウェア(身代金要求型ウイルス) 2017年5月サイバーテロ WannaCry泣きたくなる

    一握りの人のためのビットコイン 1BTC以上の保有は全体の3%(いびつな構造)☆R10615現在90万円→買うべきなのか?R010623現在115万円
    マイナー(電力を使う 1kW 日本30円 アメリカ12円 中国4円)→中国で大部分が実施
    2015年8月人民元の切り下げ 外貨へ移すのは規制あり→BTCへ
    2017年 中国当局が取引所規制 資本逃避が主たる目的では正常な姿ではない。

    ビットコインの仕組み 発行条件2,100万BTC 2017年8月に既に1650万(79%発行)だが、1ブロックに10分かかるのであと123年→それまで安泰か? 2028年には上限の98% 2032年には99% 近年市場では将来への期待が価格形成に大きな役割→期待が剥落して暴落する危険性あり
    リワード(報酬)の半減期 halving 4年ごと 2016年7月12.5BTC 2020年6.25BTC 2024年3.125BTC
    ビットコインの価格が2倍に上昇していればマイニングによって得られる法定通貨(ドル、円)ベースでの収入は変わらない→都合よく上がるか?年19%

    全世界でマイナーが得ている総収入 時間当たり6個×24×365=5.3万ブロック リワード12.5BTC 48万円であれば3200億円程度

    ブロックサイズ問題がもたらしたビットコイン分裂騒動 2017年8月1日 取引に時間がかかる件への解決方法(圧縮する・容量を増やす)
    中国のマイナー大手が自社の採掘マシンを使えなくなることから反対→分裂

    オランダチューリップバブル 1634年 3年で前触れなく崩壊 専門家This time is different. 詐欺に注意

    ブロックチェーンこそ次世代のコア技術→金融、流通、不動産、医療
    デジタルアセットの所有権の登録と移転
    ブロックチェーン1.0→仮想通貨 2.0→金融分野 3.0→非金融分野への応用(登記…)

    ブロックチェーンの類型 オープン型とクローズド型(中央管理者あり☆コリンズテクリスと同じか?)
    合意形成の方法も4種類あり プルーフオブワーク…

    国際送金における応用 リップル 2016年

    通貨の電子化は歴史の必然 貨幣の変遷は技術進歩と共に(偽造できないもの)→電子化へ eクローナ…
    1990年から2000年代に中央銀行は検討 15年前から始まっていた通貨の電子化
    1990年ごろ日銀でも研究→無限にコピーされる危険性 ブロックチェーンは画期的発明

    中央銀行の実証実験 カナダコイン シンガポール通貨監督庁(MAS)

    現金流通高の名目GDP比 日本19.4% ユーロ圏10.6% 米7.9% スウェーデン1.7%→人々が現金を使わなくなってきている☆日本の将来の姿はイメージできるか?

    中央銀行のシニョレッジ(通貨発行益) 発行された銀行券→BSの負債再度に計上、金利は発生しない→資産サイドの国債、貸付金には利子が発生→無利子で調達し利子の付く資産を保有する構造
    スウェーデン(デジタル通貨導入に向けた決断 2018年)→☆結果どうなったのか?

    中央銀行がデジタル通貨を発行する日 中央銀行マネー→オープン型にする必要はあるが、マイナーは、匿名性は…

    デジタル通貨は中央銀行の新たな政策ツールとなるか?→金融緩和(効果薄い)→マイナス金利
    1920年代ドイツ・ゼゲル「スタンプ付き紙幣」→印紙代分価値が低下→消費促進の効果あり
    貨幣では紙面に印紙を貼る手間がありムリ→電子的ならば可能☆管理料名目で目減りさせれば理解されるか?

    ブロックチェーンによる国際送金革命
    高くて遅い国際送金の現状→安くて早い国際送金を目指す「リップル・プロジェクト」
    国内におけるリップル・プロジェクトの展開→内外為替一元化コンソーシアム SBIリップルアジア(株)→☆どんな会社か調べること・将来性は? リップルに関して一国内で60行以上のユーザーグループを形成している珍しい例

    有望視される証券決済へのブロックチェーンの応用
    現在→中央集権型で複雑な現行の証券決済
    相次ぐ実証実験プロジェクト ナスダック、ゴールドマンサックス

    ビットコインはバブル、良い終わり方はしない

  • ビットコインの基本的な仕組みと仮想通貨の未来展望、ブロックチェーンの未来、中郷銀行のデジタル通貨発行、ブロックチェーンによる国際送金、証券決済へのブロックチェーンの応用について書かれている。

    特に中央銀行のデジタル通貨発行方法についての展望は目を通しておいたほうがいいです。

  • 最近急速にスポットライトがあたり、もてはやされながら本当のところはわかりにくいテーマが、とても分かりやすく解説されている。
    それでもなおかつ原落ちできない箇所があるのは、自身の至らなさ?とにかく、実感しにくい/イメージしにくいテーマ。

  • 金融の話が中心

  • [private]メモ
    ・ブロックチェーン/ハッシュ値/ナンス値(number used once)
    ・ブロックチェーン⇒DLT(Distributed Ledger Technology)「分散型台帳技術」
    ・所有権データを分散型で管理する
    ・オープン型/クローズド型
    ・各国中央銀行によるデジタル通貨利用の取り組み事例
    ・コルレス銀行を通じた国際銀行「遅くて、高くて、わかりにくい」
    ⇒リップル・プロジェクト:銀行間を分散型台帳のネットワークで結び、安価でリアルタイムな国際的な送金
    ・DVP決済「Delivery versus Payment」:証券の引渡しと代金の支払いの両方をワンセットで行う仕組み

    などなど(メモ途中)
    [/private]

  • ブロック・チェーンという技術は本物
    中央銀行が法定電子通貨を発行する可能性。
    国際送金にリップル。

全50件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

中島 真志(ナカジマ マサシ)
麗澤大学経済学部教授
1958年生まれ。日本銀行を経て、現在、麗澤大学経済学部教授。

「2017年 『金融読本(第30版)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者のその他の作品

中島真志の作品

アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者を本棚に登録しているひと

ツイートする