アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者

著者 :
  • 新潮社
3.98
  • (28)
  • (53)
  • (19)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 439
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103512813

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 非金融業界に対する話ももっと欲しかったが、国際送金と証券決済が有力な応用分野としてそれぞれの課題と適用可能性を説明しておりまあまあ為になる。

    ビットコインはブロックチェーンの象徴みたいに語られるけどあれはかなり特殊なんだよというのが書かれてるのは良かった。
    (殆どの人がそこを勘違いしてるので)

  • 投機商品でありたぶんFXみたいになっていく、通貨になるには値が上がらなくなることが必要、中央銀行がやり始めたらえらく通用しそう。
    この三つだけで私には十分。
    読んでて面白かったが、ついていくのはそれなりに骨が折れた。

  • ビットコインを始めとする仮想通貨とその根幹技術であるブロックチェーンはしばしば同列に論じられるが、その発展の可能性は全く違う。
    前者は既にピークアウトしたのに対し、後者は決済システム等の実用実験が様々に行われているという。
    著者が日銀出身ということもあり、決済システムの説明は詳しいが、正直ブロックチェーン技術がなくても実現できるのではないかと思ってしまうのは、単に知識不足だからか。

  • 既に手を取った人も多いであろう書籍。
    世間を賑わせてる仮想通貨を一体これは何なのをわかりやすく解説してくれる。合わせて仮想通貨を支えるブロックチェーン技術についても解説。
    NEM流出事件は記憶に新しいが、仮想通貨の影の部分を指摘する一方で、ブロックチェーンを使って各国の中央銀行がデジタル通貨を発行しようとしている動きがあることを知らせてくれる。これを読んだ自分は、(もともとも持っていなかったが)、仮想通貨を持つことにより抵抗を覚える。手を出す気が起きない。

  • 今までぼんやりとしか理解できていなかった仮想通貨について理解を深めることが出来た。
    ビットコインを例に仮想通貨の仕組みを解説し、タイトルにある今後のビットコインの動向を予測している。
    さらにブロックチェーンという技術自体は非常に優れたものであり、今後の金融界のブレークスルーになる技術であり、各国の中央銀行がデジタル通貨への取り組みを積極的に行っていることも紹介されていた。
    ビットコインは通貨というよりも投機対象商品と化してしまったが、ブロックチェーンなどの技術を活用することで将来的には本物の通貨が登場することを期待したい。
    ちなみに、電子マネーと仮想通貨の違いも今更ながらに理解できた。

  • 図書館で借りた本。内外為替一元化コンソーシアムのSBIリップルプロジェクトは、ユーザーにとっては便利になる。大手地元地銀が不参加なのが気になった。ブロックチェーンがデジタル通貨をさらなる発展に導く動きになりそう。金融業界は手数料の稼ぎがなくなるな。

  • 基礎的理解にはとてもよいのではないでしょうか?結局でも、コンセンサスをどう得るのか?みたいなところが気になるのと、Proof of workってのはやっぱ偉大だなーってところ。つまり、Interledgerになっちゃうと技術的にラジカルなところがないっていうか、プロトコルとして非常に人間的になっちゃうんだよね。結局海外送金がちゃんとできるくらいの話なんだ。みたいな。VISAでやれそうじゃん。みたいな。まあ金融的な事情はいろいろとあるんだろうけど。まあでもビザンチンとか言いたい。

  • 日銀出身で決済システムの第一人者が、ビットコインの「バブル崩壊」と、「ビットコイン以後」の世界を説いた。仮想通貨、ブロックチェーンに関心のあるビジネスパーソンにとって、参考になる点が多い1冊。

    序章 生き残る次世代通貨は何か
    第1章 謎だらけの仮想通貨
    第2章 仮想通貨に未来はあるのか
    第3章 ブロックチェーンこそ次世代のコア技術
    第4章 通貨の電子化は歴史の必然
    第5章 中央銀行がデジタル通貨を発行する日
    第6章 ブロックチェーンによる国際送金革命
    第7章 有望視される証券決済へのブロックチェーンの応用

  • ビットコインではなくブロックチェーン技術の応用分野にフォーカス。ビットコインディスの上にリップル推し。FXのような投機対象のビットコインではなく、ブロックチェーンの可能性には期待される。

  • ビットコインの持つ様々な限界と、逆にブロックチェーン技術がもつ将来性についてまとめた本

    ブロックチェーン技術の代表格であるビットコインだが、ブロックサイズが大きいなの仕組み的な限界や、すでに9割以上を一部の人が保持しているという構造、そもそも通貨として世界標準になることは無いのではないかと言うことが語られていた。
    (海外、金融業界では、もうビットコインはオアコンとも書かれていた。)

    一方、一般の人が使う、仮想通貨以外にもブロックチェーンには分散帳簿として様々な役割や、その応用方法が書かれていた。実際、toB、toC、governmentなど、様々な場所で、実証実験が始まっている。例えば、リップルなどはその代表格だ。
    金融業界での、具体的な事例(デジタル通過、国際送金、証券取引)などについてもかなり詳しく解説してあり大変面白かった。

    ブロックチェーン技術で、より便利な世の中ができそうな気がしてきた。
    また、ビットコイン表面的に捉えてた自身にも反省。勉強になりました!!

    文字量が多い一面もあるが、ビットコイン、ブロックチェーン技術について大枠を捉えるにはいい本だと思うので、もし仮想通貨・ブロックチェーン技術の大枠を把握したい人がいれば是非!

プロフィール

中島 真志(ナカジマ マサシ)
麗澤大学経済学部教授
1958年生まれ。日本銀行を経て、現在、麗澤大学経済学部教授。

「2017年 『金融読本(第30版)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者のその他の作品

中島真志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
リンダ グラット...
ベン・ホロウィッ...
トマ・ピケティ
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする