アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者

著者 :
  • 新潮社
3.98
  • (28)
  • (53)
  • (19)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 439
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103512813

作品紹介・あらすじ

ビットコインは「もう終わった」。ブロックチェーンは「これからが本番」。日銀出身の決済システムの第一人者が、未来の通貨として注目されるビットコインの崩壊を、その設計と運用の両面からいち早く予測。さらに仮想通貨の中核技術「ブロックチェーン」が、ゴールドマン・サックスや三菱東京UFJ銀行、そして各国の中央銀行を巻き込みながら、金融界に大革命を起こしつつある状況を鮮やかに描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 非金融業界に対する話ももっと欲しかったが、国際送金と証券決済が有力な応用分野としてそれぞれの課題と適用可能性を説明しておりまあまあ為になる。

    ビットコインはブロックチェーンの象徴みたいに語られるけどあれはかなり特殊なんだよというのが書かれてるのは良かった。
    (殆どの人がそこを勘違いしてるので)

  •  ブロックチェーンの本。著者は日本銀行出身。ビットコインの問題点、ブロックチェーンについての基本的内容と金融分野での応用状況(デジタル通貨、国際送金、証券決済)について書かれている。
     金融分野に特化した本なので、ブロックチェーンのビジネスへの応用可能性を探るには向いてない。細かい話も多い。金融関係の人にはおもしろいかもしれない。ビットコインが非常に偏った運用に陥っていること、各国の金融分野でのブロックチェーンに対する実証実験への積極性などの部分は参考になった。
     以下、主なメモ。
    ■ブロックチェーン
    ・ブロックチェーン=分散型台帳技術、DLT、Distributed Ledger Technology
    ・応用分野: 仮想通貨(1.0)、金融分野(2.0)、非金融分野(3.0)
    ・特徴: 改ざん耐性が高い、可用性が高い、運用コストが低い
    ・オープン型: 取引の自由、参加の自由に主眼。ビットコインはこっち。中央管理者を設けないため、構築に手間がかかる
    ・クローズド型: 取引の安全性や信頼性、取引のリアルタイム性、早期の決済完了性に主眼。主流となる可能性が高い
    ■ビットコイン
    ・ビットコインを支えるしくみ: ブロックチェーン、プルーフ・オブ・ワーク(複雑な計算をさせることで、取引データの改ざんを防ぐ)、マイニング(通貨の発行。複雑な計算の最初の正解者に報酬として与えられる)
    ・通貨の三大機能は、①一般的交換手段、②価値の尺度、③価値の保蔵手段。ビットコインは、①②を限定的に満たすが、投機対象として③が中心
    ・ビットコインの問題点: 匿名性から闇取引に利用されやすい、取引所など流通経路や管理体制が確立されていない、マイニングの集中化(中国)、発行上限→ビットコインの将来性は厳しめ
    ■その他応用
    ・中央銀行によるデジタル通貨。主な課題は、転々流通性、匿名性、偽札リスク大(データは複製可能)
    ・媒介通貨による国際送金の高速化、低コスト化
    ・証券決済の低コスト化

  • 投機商品でありたぶんFXみたいになっていく、通貨になるには値が上がらなくなることが必要、中央銀行がやり始めたらえらく通用しそう。
    この三つだけで私には十分。
    読んでて面白かったが、ついていくのはそれなりに骨が折れた。

  • 岩村充教授から新潮社の編集者を紹介されて、この本ができたらしい。題名も編集者がつけたんだって。

    人口130万人のエストニアがエストコインの発行に名乗りをあげてるんだって。
    最近、エストニアの、社会全体、国家全体のデジタル化については、よく取り上げられているよね。

  • 仮想通貨ないしビットコインの説明は最初の1/3で、残りの2/3を使って、ブロックチェーン技術が今後金融界でどのように使われていくか、という展望が書かれています。

    ボクがビットコインを知った時は、「通貨が政府から自由になる」という衝撃に胸を躍らせました。もちろんすぐにみんながビットコインを使うような世の中になるとは思わなかったけれど、国家が関与せずに通貨に信用を与える仕組みができたことは、革命的だと思いました。

    ただ、ビットコインじたいの将来はバラ色、というわけではないようです。ビットコインに対する信用は、マイニング競争から生まれているわけですが、ビットコインには発行上限があり、リワードは指数関数的に減衰しています。そして2140年頃にはリワードが全く得られなくなってしまいます(少額の取引手数料を除く)。したがって、ビットコインじたいの価格が指数関数的に上がっていかない限り、現在のレベルの報酬は得られないわけで、マイニングのインセンティブがこのまま続いていくかはわかりません。加えて、すでにマイニング競争は寡占化が進んでおり、マイナーの2/3は(電気代が安い)中国の10社が占めています。マイニング競争が完全でなくなった結果、ビットコインの改ざんが発生するという可能性も否定できません。その他にも、法律上の問題や、税制上の問題もあります。

    しかし、です。ビットコインの根幹をなす技術であるブロックチェーンは、仮想通貨以外にも使い道があり、それが安価だし安全だしということで結構使えそうなのです。具体例としてデジタル通貨、国際送金、証券決済があげられています。

    ビットコインは、誰でも使うことができ、誰でも取引を承認できる仕組みです。(これをオープン型のブロックチェーンといいます。)ただし、誰でも取引を承認できるとなると、競争が十分でなければ、取引を改ざんできてしまう恐れがあります。したがって、取引や承認が出来る人たちを制限して、信頼できる人たちだけでブロックチェーンをやったり(これをクローズド型のブロックチェーンといいます。)、中央銀行ー市中銀行間と市中銀行ー利用者間の仕組みを別にする二重構造を取り入れたりするなど、ビットコインとは少し違った仕組みを使えば、信用を維持できます。各国の中央銀行や金融機関で実証実験が行われており、実用化も遠くないものと思われ、今後の展開が楽しみです。

  • 東2法経図・6F指定 338A/N34a/Yoshida

  • ビットコインを始めとする仮想通貨とその根幹技術であるブロックチェーンはしばしば同列に論じられるが、その発展の可能性は全く違う。
    前者は既にピークアウトしたのに対し、後者は決済システム等の実用実験が様々に行われているという。
    著者が日銀出身ということもあり、決済システムの説明は詳しいが、正直ブロックチェーン技術がなくても実現できるのではないかと思ってしまうのは、単に知識不足だからか。

  • 既に手を取った人も多いであろう書籍。
    世間を賑わせてる仮想通貨を一体これは何なのをわかりやすく解説してくれる。合わせて仮想通貨を支えるブロックチェーン技術についても解説。
    NEM流出事件は記憶に新しいが、仮想通貨の影の部分を指摘する一方で、ブロックチェーンを使って各国の中央銀行がデジタル通貨を発行しようとしている動きがあることを知らせてくれる。これを読んだ自分は、(もともとも持っていなかったが)、仮想通貨を持つことにより抵抗を覚える。手を出す気が起きない。

  • 資料としては良くまとまっているが著者独自の思想はまったくない。本は出版すると更新できないので資料的価値もWikipediaに劣ってしまう。この内容ならネットで調べてかき集めたほうが良い。

  • 今までぼんやりとしか理解できていなかった仮想通貨について理解を深めることが出来た。
    ビットコインを例に仮想通貨の仕組みを解説し、タイトルにある今後のビットコインの動向を予測している。
    さらにブロックチェーンという技術自体は非常に優れたものであり、今後の金融界のブレークスルーになる技術であり、各国の中央銀行がデジタル通貨への取り組みを積極的に行っていることも紹介されていた。
    ビットコインは通貨というよりも投機対象商品と化してしまったが、ブロックチェーンなどの技術を活用することで将来的には本物の通貨が登場することを期待したい。
    ちなみに、電子マネーと仮想通貨の違いも今更ながらに理解できた。

  • 図書館で借りた本。内外為替一元化コンソーシアムのSBIリップルプロジェクトは、ユーザーにとっては便利になる。大手地元地銀が不参加なのが気になった。ブロックチェーンがデジタル通貨をさらなる発展に導く動きになりそう。金融業界は手数料の稼ぎがなくなるな。

  • ビッドコインに関する著書は複数あるが、本書は金融業務の国際送金や証券決裁について精通した著者が書いているところが、類書とは異なる。金融機関に勤める自分にとって知りたいことがまとめられていて、非常に参考になった。

  • 年末から年始(2017-2018)にかけての二年越しの、仮想通貨騒動は記憶に残るものになりそうですね。昨年12月に突如として上昇した仮想通貨、かつてのバブル時期の株価上昇を彷彿とさせました。

    年が明けて二週間ほど経過したころに突如として、暴落、そして仮想通貨取引所での世間を揺るがすような出来事、いろいろあったこの二か月ですが、そうした時期(昨年末)に読んだのがこの本になります。

    この本のポイントは、いずれ仮想通貨ブームが終わった後には、仮想通貨の根本技術である「ブロックチェーン」を用いた新たな方法(新しい通貨?)が普及することになるだろうと予測している点にあります。

    現在私達が使っているお金には、名前もついていなくて、一度手放してしまえば終わりですが、仮想通貨にはブロックチェーンの技術により、履歴がすべて記録されています。この技術が世界を変えることになるようです。変わった世界を私は見ることができるのでしょうか、激動の時代ですが、お金も姿を変えていくことになるのでしょうね。

    以下は気になったポイントです。

    ・本書では、国際送金と証券決済の2つを取り上げて、ブロックチェーンの応用手法とその課題について解説する(はじめにp3)

    ・ブロックチェーンは、インターネット以来の発明と言われている、分散型台帳技術と呼ばれている、参加者が所有権の記録を分散して管理できる、金融取引コストが削減できる(p17)

    ・ブロック全体のデータは、前ブロックのハッシュ値+取引データ+ナンス値、から構成されている、ナンス値のみが変えることができる(p33)

    ・ビットコインの安全性、マイニング、新規通貨の発行の3つは、すべてが密接に関連したワンセットのメカニズムである(p39)

    ・2017年4月に施行された、改正資金結成法により、仮想通貨は、法律的には通貨ではないが、決済手段の一つとしては正式に認められて、通貨に準ずるものとされている。7月からは、購入時にかかっていた消費税が撤廃され、税制面からも、モノ・サービスではないと位置づけられた(p45)

    ・ビットコインは、上位1%未満のヒト(アドレス)が、全体の9割のビットコインを保有している、1BTC以上の上位3%が97%を保有している(p70)

    ・ビットコインの発行量の上限は、このペースでいくと、およそ2140年ころ、残り21%を徐々に採掘していくことになる、2028年には98%が発掘、32年には99%(p81、84)

    ・国際送金革命の動きをリードしているのが、米国リップル、日本でもリップルの仕組みを利用して送金をリアルタイムで行おうとする「内外為替一元化コンソーシアム」がある(p143)

    ・世界最古の中央銀行である、スウェーデン中央銀行は、2016年11月に、中央銀行が発行するデジタル通貨「Eクローナ」を発行する計画を発表した(p183)

    ・ゲゼルのスタンプ付き貨幣は、マイナス金利効果により、導入した地域では消費促進の効果をもたらせた、デジタル台帳の残高を調整することで、マイナス金利を実現できる(p219)

    ・多くの通貨で取引を行う場合、XRPをブリッジ通貨として機能することが想定される(p236)

    2018年3月21日作成

  • 基礎的理解にはとてもよいのではないでしょうか?結局でも、コンセンサスをどう得るのか?みたいなところが気になるのと、Proof of workってのはやっぱ偉大だなーってところ。つまり、Interledgerになっちゃうと技術的にラジカルなところがないっていうか、プロトコルとして非常に人間的になっちゃうんだよね。結局海外送金がちゃんとできるくらいの話なんだ。みたいな。VISAでやれそうじゃん。みたいな。まあ金融的な事情はいろいろとあるんだろうけど。まあでもビザンチンとか言いたい。

  • 世間では話題のビットコインについて気になったので買ってみた。
    ビットコインの章の内容は、集中して読めるのだが、ブロックチェーンに関しては、元々興味があった訳ではないので、読んでいても頭に入ってこなかった…

  • 日銀出身で決済システムの第一人者が、ビットコインの「バブル崩壊」と、「ビットコイン以後」の世界を説いた。仮想通貨、ブロックチェーンに関心のあるビジネスパーソンにとって、参考になる点が多い1冊。

    序章 生き残る次世代通貨は何か
    第1章 謎だらけの仮想通貨
    第2章 仮想通貨に未来はあるのか
    第3章 ブロックチェーンこそ次世代のコア技術
    第4章 通貨の電子化は歴史の必然
    第5章 中央銀行がデジタル通貨を発行する日
    第6章 ブロックチェーンによる国際送金革命
    第7章 有望視される証券決済へのブロックチェーンの応用

  • ビットコインではなくブロックチェーン技術の応用分野にフォーカス。ビットコインディスの上にリップル推し。FXのような投機対象のビットコインではなく、ブロックチェーンの可能性には期待される。

  • ビットコインの持つ様々な限界と、逆にブロックチェーン技術がもつ将来性についてまとめた本

    ブロックチェーン技術の代表格であるビットコインだが、ブロックサイズが大きいなの仕組み的な限界や、すでに9割以上を一部の人が保持しているという構造、そもそも通貨として世界標準になることは無いのではないかと言うことが語られていた。
    (海外、金融業界では、もうビットコインはオアコンとも書かれていた。)

    一方、一般の人が使う、仮想通貨以外にもブロックチェーンには分散帳簿として様々な役割や、その応用方法が書かれていた。実際、toB、toC、governmentなど、様々な場所で、実証実験が始まっている。例えば、リップルなどはその代表格だ。
    金融業界での、具体的な事例(デジタル通過、国際送金、証券取引)などについてもかなり詳しく解説してあり大変面白かった。

    ブロックチェーン技術で、より便利な世の中ができそうな気がしてきた。
    また、ビットコイン表面的に捉えてた自身にも反省。勉強になりました!!

    文字量が多い一面もあるが、ビットコイン、ブロックチェーン技術について大枠を捉えるにはいい本だと思うので、もし仮想通貨・ブロックチェーン技術の大枠を把握したい人がいれば是非!

  • ビットコインの解説と、ブロックチェーンの今後の応用分野についての考察。具体的な事例が多く示されており、技術応用の可能性についてもかなり現実的な予想がなされていた。新しさはあまり感じなかったが、ブロックチェーンについての知識が再確認できたという感じ。

  • ビットコインは本来のあるべき姿である多くの人が所有して決済や海外送金などで流通することが少なく、少数の人が独占して所有して、投機的なバブルになっていると切り捨て、ブロックチェーンを活用して本来の目的を達成するための動きを、各国の中央銀行、銀行業界、証券業界について解説する。
    Webの振込でエラーリカバリルートがFAXなのは、さすがにやめて欲しいです。60行以上が参加している「内外為替一元化コンソーシアム」にはとても期待してます。

  •  自分がそうであったが、金融機関で働いていて、仮想通貨・ブロックチェーンについて何となくは理解しているが、詳しくは知らない、という方に是非勧めたい一冊(個人的には否定的な立場だが、仮想通貨投資を考えている人にもある意味お勧め)。
     特に自分にとっては、各国中銀におけるブロックチェーン技術を用いた銀行間決済の実証実験の事例が興味深かった。
     本書を通じて基礎的な理解は深まったが、金融分野以外におけるブロックチェーン技術の活用例、「さるぼぼコイン」等のご当地コインにおける取引承認の仕組みについて、興味・疑問が湧いたので、別の機会に勉強したいと思う。

  • なるほど、これは丁寧に書かれた本です。
    ビットコインやブロックチェーン、あまりよく分かっていませんでしたが、この本のおかげでよく分かりました。もちろん私には技術的・専門的な詳しい部分は理解できませんが、それぞれ何者であり、どんな状況なのかについて知っておくべきと思われるレベルのことが概観できました。
    まさに「電子マネー」の状況についての「定本」。

  • タイトルが煽りっぽくて買うのをかなり躊躇してたんだけど、結果的には買ってよかった。ビットコインについてはもちろん、ブロックチェーンの仕組みや、かかっている期待や行われた実証実験などが説明されてて、これ読めばだいたいわかるような構成になってる。超絶簡単で誰でも読める!というわけではないけど、誰にでもお勧めできる本だと思います。

  • アフタービットコインというタイトルだが、実際自分が勉強になった部分は仮想通過の知識の部分だった。仮想通過の知識自体は少なかったので、とても勉強になった。

  • 著者は元日銀マンでBISでの業務経験もある決済の専門家とのこと。
    ビッドコインやビッドコインに触発された仮想通貨、中央銀行が研究を進めるデジタル通貨、ビッドコインがその技術を生み出したブロックチェーン、およびその将来像を解説した本。
    著者はビッドコインについては極めて厳しめ、反面ブロックチェーンは革新的な技術との期待を抱いているようだ。
    本書の後半のブロックチェーンを応用した資金や証券決済の将来像は技術的な解説に走り過ぎた感もあるが、最近とみに話題となるフィンテック、仮想通貨などのキーワードを理解できる良質な解説書であった。

  • 2019.01.09読了

    ブロックチェーンについて、その仕組みと金融業界の動向について詳しく書かれている。
    為替手数料が一向に安くならないのは、こうした技術革新なしにはどうにも打開できない為だったのだと納得。ビットコインバブルの話も面白い。

    この本の分厚さは、同じことを何度も何度も言い聞かせるように繰り返しているところにある。お陰でややこしいブロックチェーンの技術的な話なども、読み進めるうちに理解できた。

  • 前半はビットコインの仕組み、後半はビットコインを支える技術であるブロックチェーンの過去~今後の活用展望について。

  • This time is differentを鵜呑みにしない、データが示すビットコインの脆弱性、矛盾。
    一方、ブロックチェーン技術の将来性、技術類型、コンセンサスアルゴリズムの種類。
    そして、デジタル通貨の種類と今後の展開。

  • 『ビットコインは終わってるけどブロックチェーンは良いよね』という大前提に立って書かれた本。2017年後半の仮想通貨全般の現状とビットコインの問題点を述べた後、ブロックチェーン技術を使った現金の電子化や銀行間決済、証券業などへの応用について現状と展望が語られる。
    これまでの各国の「デジタル通貨」実現を目指した取り組みや、複数の「コルレス銀行」が介在して行われる国際送金の仕組みなど知らなかった事もいくつかあって参考になった。
    ただやっぱり現状の問題点だけを挙げて「ビットコインは終わった」と言われることにはとても賛同できない。
    中央銀行や民間銀行の存在がこれから50年後も100年後も続いて決して無くならないという事を信じて疑わない人はこういう考え方になるんだろうな、という事を知るという点では非常に参考になった。

  • ビットコインの将来性については問題点が多く厳しめ。
    しかしブロックチェーンこそ次世代のコア技術として金融の仕組みを根底から覆すと著者は見ている。

    ビットコインの問題点についてはアマゾンのレビューに批判的なコメントがあり、どっちが正しいのか私には分からない。ただこの本の内容をきちんと読んで、仮想通貨投資をどうすればいいか判断材料にしたい。

    ブロックチェーンは間違いなく世の中を変えるようだ。
    ビジネスがどう変わってどう自分がチャンスをつかむことができるか考えるヒントとしたい。

全38件中 1 - 30件を表示

プロフィール

中島 真志(ナカジマ マサシ)
麗澤大学経済学部教授
1958年生まれ。日本銀行を経て、現在、麗澤大学経済学部教授。

「2017年 『金融読本(第30版)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者のその他の作品

中島真志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
伊賀 泰代
フィル・ナイト
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者を本棚に登録しているひと

ツイートする