珈琲屋

  • 新潮社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103518914

作品紹介・あらすじ

「焙煎とネルドリップの名人」「コーヒー」を究めたふたりの珠玉の対談集。東京・表参道の『大坊珈琲店』と福岡・赤坂の『珈琲美美』――国内外で尊敬を集める、同い年で親友のふたり。この東西両雄の対談を「再現」する。豆をどう扱うか。この一杯を淹れる意味は。店には何が必要か? 美術、音楽、訪れるお客さんたち、そして、「生きる」とは。珈琲という共通語でつながるすべての人に贈る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 美味しいネルドリップのコーヒー、地元で飲ませてくれる店があればなぁ…。

  • プロがこだわるその道の対談を文字に落とした、熱い思いが感じられる本。
    閉店や遠かったりで、なかなか行ける店でないのが残念。

  • ずっと買おうか、迷っていて、やっと買った本。なぜなら、値段が2500円+税だったから。
    読んでいてオイゲン・ヘリゲルの『弓と禅』の話が出てきたことに驚いた。コーヒーの話だけでなく、稲垣足穂やゲーテ、ヨハネス・イッテンの話も出てきて、楽しく読むことができた。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

■大坊 勝次(ダイボウ カツジ)
1949年岩手県盛岡生まれ。南青山にあった珈琲店「大坊珈琲店」店主。
1975年の開店以来、自家焙煎、ネルドリップというスタイルも内装も変えずに営んできたが、2013年12月にビルの取り壊しにより、惜しまれつつ閉店した。
その後も全国各地で手廻し焙煎やネルドリップのレクチャー、出張珈琲店を行っている。

「2019年 『大坊珈琲店のマニュアル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

珈琲屋のその他の作品

珈琲屋 Kindle版 珈琲屋 大坊勝次

大坊勝次の作品

ツイートする