辺境・近境

著者 :
  • 新潮社
3.42
  • (15)
  • (33)
  • (77)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 361
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103534082

作品紹介・あらすじ

辺境なき時代のタフでファンキーな旅の記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017/01/16 読了

  • <閲覧スタッフより>
    大手前大学 交流文化研究所主催 文芸講演会
    村上春樹と『阪神間文化』の周辺-私がめぐりあった作家たち-
    講師:ノンフィクション作家 小玉武 先生

    文芸講演会記念 特集展示本
    --------------------------------------
    所在記号:915.6||ムハ||1
    資料番号:10139445
    --------------------------------------

  • 村上春樹は小説よりもエッセイが好き、っていう人が多い。僕はやっぱり小説の方が好きだってのを再確認した一冊。確かに目の付け所は独特だし、本当に退屈なアメリカ横断をした時の観察は「ふんふん」って思えるものがある。でも、読み終わったら忘れちゃうんですよね。
    「ねじまき鳥」や「羊男」、「世界の終わり」とか、何年も前に読んだのにまざまざと筋書きやイメージが湧いてくるのとはあまりにも対照的。それほどインパクトが強くなかった「カフカ」や「1Q84」でも断片的なイメージや、読んだときに感じたざらっとした気味の悪さははっきり思い出せるのに。
    つまり、「村上春樹」じゃなくても読めるんですよね、エッセイだったら。
    「村上春樹エッセイ」のファンの方、ごめんなさい。

  • 辺境というには緩い旅ながら苛酷な旅日記でした。私には村上節が難しすぎて分からないのが正直なところですが、アメリカ大陸横断、モンゴル ノモンハン大地、雄大な光景と退屈だったこと、香川のうどんが美味しかったことはわかりました。そして辺境でも簡単にどこでもいける世の中になった、でも、一生に一度いけるかどうかわからない辺境の地に行ってきたんだと確かに感じさせはる文章はさすがであります。

  • 村上春樹の旅のエッセイ。
    メキシコやノモンハン等の辺境への旅の話は、世界の広さと世界における日本の特殊性(安全、平和、経済発展)を感じました。
    小説の中では出てこないような表現が見られるのは、エッセイの面白いところだと思います。

  • この本は村上春樹が書いた旅行記です。
    彼の旅行は観光スポットに飛行機で行って帰ってくる旅行とは正反対で、たとえば、二泊三日で讃岐うどんを食べ続けたり、メキシコ内陸部を走破したり、無人島で野宿したりします。そして毎度ひどい目にあってうんざりして、でもまた旅立っていきます。
    ぼくが好きなのは、毎日500キロ運転し続けて、うんざりするくらい変わらない景色を眺め続ける、アメリカ横断旅行です。なのに面白い。どうでしょうかよ!

    (請求記号:開架 915.6/143)

  • 何か軽い本を読みたいと思って、手に取ったのがきっかけであった。自分の中の軽い本とは、あんまりあれこれ考えず、読んだものをそのままのイメージを想像して楽しむといったやり方だ。

    村上春樹が旅行好きとはあんまり知らなかった。

    村上春樹がメキシコ旅行について書いている一文を引用したい。
    「彼らは自分の目でその場所を見て、自分の鼻と口でそこの空気を吸い込んで、自分の足でその地面の上に立って、自分の手でそこにあるものを触りたかったのだ。」

    すなわち、単なる好奇心である。読んでみると自分の昔の旅行のスタイルと少し似ていた。。。。。。。

    特に遥々ノモンハンに行くところが凄い。というか通常ノモンハンに興味があっても、実際行かないであろう。そこで行ってしまうところが凄い。でもノモンハンで特に特別なことをするでは無く、ただノモンハンの荒野に立ってあれこれ旧日本軍とソビエトが戦ったことをしみじみと思い返す。そして、白酒とあんまり美味しく無いモンゴル料理を食べて帰ってくる。

    有名なところへ行って、美味しいものを食べるのも良いが、自分の好奇心趣くところへふらふらと行くのもまた旅であると感じた。

    自分も旧世紀の戦車が残っているノモンハンへ行ってみたいものだ。特に何もないノモンハンへ。

  • 20年ぶりに再読

  • 村上春樹の旅エッセイ。
    アメリカ・メキシコ等の海外をはじめ、
    からす島・神戸等の国内への旅を記した一冊。
    中でも“讃岐・超ディープうどん紀行”でディープ中のディープと
    著者をうならせた「中村うどん」は実際に食べてみる価値アリ!?
    別冊の写真集と共に村上春樹と旅に出よう!!

    手書きPOPより抜粋

  • イースト・ハンプトン、メキシコ、香川、ノモンハン、アメリカ、神戸の旅行記をまとめたもの。旅を通して、作品への想いなどが垣間見られる。特にノモンハンに関しては、ねじまき鳥クロニクルの凄惨な個所を思い出すとともに、国家のありかたについても考えさせる。「…やはり今でも多くの社会的局面において、わが名もなき消耗品として静かに平和的に抹殺されつつあるのではないかという漠然とした疑念から、僕はなかなか逃げ切ることができないでいる。」「この五十五年前の小さな戦争から、我々はそれほど遠ざかってはいないんじゃないか。僕らの抱えているある種のきつい密閉性はまたいつかその過剰な圧力を、どこかに向けて激しい勢いで噴き出すのではあるまいか。」

全26件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1949年京都府生まれ、早稲田大学第一文学部演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーターキャット」を国分寺に開店していた。
1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴があるが、芥川賞は候補に留まっただけで受賞しておらず、賞に対する批判材料となっている。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年の発表時期は日本国内でニュースになっている。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。
翻訳家としての仕事も高い評価を受け、フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけてきた。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、いまなお作家として成長を続けている。
代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。

辺境・近境のその他の作品

辺境・近境(韓国本)の詳細を見る 単行本(ソフトカバー) 辺境・近境(韓国本) 村上春樹
辺境・近境(新潮文庫) Kindle版 辺境・近境(新潮文庫) 村上春樹
辺境・近境 (新潮文庫) 文庫 辺境・近境 (新潮文庫) 村上春樹

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

辺境・近境を本棚に登録しているひと

ツイートする