海辺のカフカ〈下〉

著者 :
  • 新潮社
3.62
  • (387)
  • (434)
  • (848)
  • (70)
  • (22)
本棚登録 : 3827
レビュー : 317
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103534143

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読。
    やっぱりほとんど憶えてなかった。
    おわりかたが、あっち側に行ってこっち側に帰ってくるっていう、おなじみのパターンすぎて長編はもういいかなと思った。と言いつつ新作でたら読むんだろうけど。短編がすきだなやはり。

  • まあまあ。。
    ナカタさん。ジョニーウォーカー。
    佐伯さん。

  • 途中から、読むのがしんどくなって、流し読み。やはり自分には村上作品は向かないのだなと実感。でも、ナカタさんの存在は、空っぽなんかじゃなく、ホシノさんに変化をもたらしたのだ。ナカタさんは、読みかきできなくても、関わるものや人に彩りを与えていたのだろうなぁ。

  • 主人公以外のキャラクターは好き。
    話は微妙。

  • なんか、意味がわからなくなってきました。不思議すぎて。

  • 上巻の「これからどうなるんだろう??」という期待感が
    下巻であまりすっきりしなかったので、もう一度読んでみたいというのが
    正直な感想。

  • 上巻を呼んでからしばらくしてから読了。
    やっぱり時間軸の流れがうまく把握できず、最後の最後まで「む、むずかし〜〜」が感想となってしまった。
    結局、「彼」のその後がどうなったのかとても気になる。

  • 「春樹さんの本を読むときには、読む方にも体力が必要な気がします。読後は肉体的にも精神的にもぐったりでした。特に40章を超えてからは奇数章がかなりズッシリきます。」

  • 結局意味が分からん。で、何?みたいな。ちょっと苦手かも。ナカタさんとホシノくんのやりとりはかわいらしかったけど。四国3県出てきて、何で愛媛は関わらんかったんやろ(笑)

  • 上巻から少し間が空いて読んでしまったので、上巻ほど一気に読めなかったのですが、終始ナカタさんに癒されるホシノくん目線で読んでしまった。佐伯さんの透明な感じも良かったです。

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。2019年8月7日発売の『文学界』でロングインタビュー「暗闇の中のランタンのように」掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

海辺のカフカ〈下〉のその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする