1Q84 BOOK 1

著者 :
  • 新潮社
3.78
  • (1848)
  • (3151)
  • (2510)
  • (389)
  • (113)
本棚登録 : 22208
レビュー : 2197
  • Amazon.co.jp ・本 (554ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103534228

作品紹介・あらすじ

「こうであったかもしれない」過去が、その暗い鏡に浮かび上がらせるのは、「そうではなかったかもしれない」現在の姿だ。書き下ろし長編小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 春樹ワールド ですね。タイトルだけは出版時から知っていて表紙デザインも頭に残っていたけどやっと読んだ。タイトルの意味合いや登場人物の構図が分かってきて、オウム真理教擬きやエホバの証人まで出てきた! 捩れた世界でこのあとの展開が気になる。さすがに一気に読了させられてしまった。折しも今年の芥川賞 直木賞が発表された日に読むとは 笑。因縁かしらね。

  • つ、続きが気になるっ!!

    予約数が半端なく、分厚くて、それが3冊もあるとなると…
    気になる作家さんとはいえ、尻込みをしてしまい
    ずっと避けていた春樹作品。

    でも先日、図書館の“村上春樹”の棚に呼ばれるように、
    行ってみたら、あんなに予約でいっぱいだったのに
    (今は予約なしで借りられるくらいになっていました)
    ぽつんと(リトルピープルみたいに?)一冊、存在していたんでつい借りてきてしまった。

    あまりの分厚さにしばらくドン引きし
    いよいよ返却日が近づいてきてから、読んだら

    わー、久しぶりの春樹ワールドにするするー…と入り込んでしまった。


    静かで、美しく端正で空気のような(水のような)文章。好きです。

    青豆と川奈天吾の関連性が見えてきたあたりから、もうぐいぐい止まりません。

    すごい絶妙なところで終わるので、続きが早く読みたくてしかたがない!!

    ちょっとうすら怖い雰囲気と、ちょっとダークになっていく先行きにドキドキ。ネタバレこわいので他の方の評価も見ずに最後までがんばらなきゃ、と思っています。

    =勝手な想像=
    ・天吾の恋人って…青豆の実母だったりして…?
    (怒り時の行動が青豆と似ている)
    ・“あけぼの”行方不明の1人が”さきがけ”のリーダー?
    =勝手な想像終了=

    上手く説明できないけど、高次エネルギー、パワーが
    こめられていて、この作品でみんなを次元の高い世界に
    連れていってくれるような、不思議な力を感じる内容でした。

    当たり前だけど、私が1つ悟ったとして、その悟りの説明を私が回りくどく説明している間に
    村上さんはすでに悟り全開で、神様みたいな…

    うまく言えませんが、すごい高みからぐいぐい引っ張られているような、不思議な力を感じます。

    ディスレクシアやアスペルガー系、サヴァンなどがチラチラと見え隠れするので興味深いです。

  • 本好きでなくてもこの人の本は読む、という人がいるのに
    本好きなのにあまりこの人の本は読まない、というへそまがりである。
    もちろん食わず嫌いは良くないので、何作かは読んだはず。
    しかしあまり記憶に残っていない。合わないと感じたのだったかな・・・?多分学生時代以来久しぶりに手に取った村上春樹作品がこれでした。しかも1巻のみ。

    物語は2人の人物の視点から構成される。
    引き締まった体に左右アンバランスな耳を持つ29歳の殺し屋 青豆と、予備校講師をしながら小説を書いている天吾。

    青豆は警官の制服と拳銃の型の違いから時間の歪みに気付いて、この新しい世界を1Q84と名づけ、

    天吾は「ふかえり」の作品を覆面作家としてリライトするため彼女の保護者に会ってその承諾を得るのだが・・・
    2巻、3巻も入手できたら読もう。

  • 書評で著名な方が
    「村上春樹の小説は感想を言語化しづらい」というようなことを
    言っていたが、なるほどと思う。
    いろいろ考えながら読んでいるのだけど、
    いざ読み終わって感想を描きつけてみようと思うと
    確かにうまくまとまらない。

    単純に面白いか面白くないかだけ言うのなら、
    面白かった。

  • ふかえりの存在が好きです。
    リトルピープルにどきどきします。

  • 今まで村上春樹を馬鹿にしてたんですが、本人とファンの方に謝りたいです。
    ミステリ、宗教、サスペンス、恋愛、文学と色々な要素が複雑に、しかしシンプルな文体で書かれていて面白かったです。
    何故村上春樹が芥川賞も直木賞も受賞できないのかが少しわかったような気がします。

  • 「1984」と「1Q84」が レールのポイントを換えるように
    切り替えられた。
    青豆 は 1Q84 の世界に いつの間にか はいっていた。
    それは 首都高速 を階段から降りたときから
    始まったらしい。
    「1Q84」の世界にいることは 月が二つ見える ことでわかる。

    「もう一つの世界」ということは
    リアルの世界とヴァーチャルの世界との関係で 
    ヴァーチャルが もう一つの世界である ということは
    梅田望夫氏が言ったことだ。
    たしかに 思考の外部化、記憶ベースの外部化。
    そして強力な 検索システム ということが
    もう一つの世界を形成する。

    身体とアタマの中にある妄想との関係も
    身体とこころという 二つの世界があり、
    こころが もう一つの世界であるかもしれない。
    しかし、思考は 身体性を伴う ということがわかりかけてきて、
    ちょっとこの二つの世界は 密接に結びついているのだろう。

    生まれてくる前の世界と
    死んでしまった後の世界は 同じような世界なのだろうか?
    どうも違う気がするが、
    生まれてくる前のことは 記憶にないし、
    死んでもいないので 死んだ後の世界はわからない。

    世界はパラレルではなく 切り替えられるという
    ムラカミハルキの発想は おもしろい。
    どこかで、何かが、切り替わるときがある。
    そこに踏み出したときに 後に戻れないような感覚がある。
    ただ切り替わっても 通常の生活はほとんど変わらない。
    切り替わった世界では 一体何が判断基準となるのだろうか。

    社会における急速な変化のなかで
    価値感 が変わろうとしているときに、
    それは 一体何が 基準になるのだろうか?
    「愛」が基準になるとしたら、
    ちょっと、ものたらない。
    愛で すべての世界を構成しない。
    たしかに 中心的な位置にあると思うが、
    そうではない・・・もっと何かが あるはずだ。
    と考えていたら 朝の5時過ぎだった。

  • 謎めいた導入でついついページをめくってしまいますが、
    この謎がこっちの期待通りに解き明かされないだろうことは、
    『海辺のカフカ』等の経験から分かっております。
    (まだBOOK1しか読んでないので。)

    リトルピープルとか、メタファーなのかなんなのか、
    幻想的な要素が出てくるので、その分感情移入しにくい人もいるんでしょうね。
    僕はそこも結構楽しめちゃうのでBOOK2以降も楽しみです。

    文体は例によってフラット。
    そんな文体で性的な描写を淡々と織り交ぜる。
    性的なものに対する無意識なレベルの高揚が、作品に対する印象として現れる。
    これを村上春樹効果と言います。
    (今考えました)笑。

    今回も村上春樹効果が効いております。

  • 思った以上に面白い。ノルウェーの森と海辺のカフカが感覚的に合わず村上春樹作品とは相性が悪いとずっと思い込んでたけど、この作品は好きになれそうな予感。旅に出るときの適年齢があるように、本を読むときの適年齢がきっと存在する。独特の世界観を理解できる年齢になったのかなあという期待を込めて☆4つ。

  • 昨年亡くなった伯父が村上春樹の愛読者で、葬式の祭壇に『海辺のカフカ』と『1Q84』が並んでいた。
    遠方に住み、あまり交流のない伯父ではあったが「あなたも本の虫でしたか」と一方的に共感し、この本にも興味を持った次第である。

    三巻のうち一巻目を読んで、「何かが始まる」という予感を強く持った。並ではない「大きな渦のような」何かだ。
    『1Q84』は娯楽性の大きい大衆小説でありながら、純文学のような芸術性も感じる。SFなのか、官能小説なのか、私の知らないカテゴリに属する小説なのか。さっぱり分からない。

    ただ面白いのは確かだ。
    「心がひかれる」「ついつい笑ってしまう」「心が晴れ晴れする」「一風変わっている」「思った通りである」「趣深い」というのが面白さの定義らしいが、『1Q84』は全てに当て嵌まる。+αの不快感や不道徳すら目新しく好奇心をくすぐる。
    途中で読み捨てない限り、この本は最後まで面白くあるだろう。そんな手ごたえのある一巻目。続きを読むのが待ち遠しい。

  • Book 1
    心から一歩も外に出ないものごとは、この世界にはない。心から外に出ないものごとは、そこに別の世界を作り上げていく。

    ----------------------------------------

    再読。

  • 『考える人』の村上春樹ロングインタビューを読んで我慢できずに購入。ハードカバーなんてはじめて買ったよ。

    やっぱり村上春樹はいいですね。
    「どこが面白いの?」って聞かれたらすごく困ってしまうんだけど、読み始めるとどこまでも静かな世界に入っていけるというか、周りの空気が少し澄んでいくように感じる。

    村上作品を読むと毎回、ちゃんと料理できるようになりたいと思います。すごく美味しそう。
    滋養があるというか、正しい食事って感じがして。

    天吾くんは大柄な体格のはずなんだけど、どうしてもイメージできない。大柄な体格の必然性が見つからない。
    村上作品に出てくる男主人公はみんな加瀬亮みたいなイメージになっちゃうんだよな。
    book2では変わってくのか。

    一見共通点の無さそうな青豆と天吾だけど、暗闇にひびが入ってわずかに光が差してきた。
    二人がこれからどうなるのか楽しみ。

  • 330Pに印象的なフレーズ。
    『混じりけのない純粋な気持ちというのはそれはそれで危険です』

    こんな言葉に出会わせてくれただけでこのワイン合格!
    てなもんです。
    純粋な気持ちは小さな力のうちは美しいけれど
    強力になってくると厄介なことがありますよ。
    日々感じていた、結構あります。けっこう。


    ただ今、1巻304P通過中。

    頭の中を日常から切り替えてくれる力に感謝。

    ITガジェットとは違う脳内シェイクが快適。

    内田樹師匠経由で乗り込んだ船だけど快適です。

    土地、状況は日常からイメージしやすくて嬉しいですね。

    まだまだ行き先がたっぷりあるのが嬉しい作品。

  • 村上春樹を読んだことがなく、読んでみた。1巻はおもしろかっただけに、3巻の少女マンガ的オチは…。全体を通して、ねちっこい文章が苦手。

  • 私はそれほど村上春樹さんの小説を読んでいませんが、BOOK1を読み始めてどんどん引き込まれていきました。ずっとこの小説を味わっていたい感覚になり、終わりが近づくことが寂しく思えました。久しぶりにわくわくとして読んだ小説です。内容は独創性にあふれたものなのでそれぞれの感じ方で良いのではないかなと思いました。

  • 話が繋がらなくて、読むのに時間がかかった。

    仕事の移動中に読んでたら、外国人の上司に

    「日本で人気の本ね、どういう話?」

    と聞かれた。
    でも答えられないじゃん!
    私自身も理解してないし、ましてや英語でなんてw

    上手く伝えられずアタフタしてたら、
    結局、私の読みが甘い、みたいな空気が流れてしまった、、、
    しゅん

    1巻はそんな感じでよくわかりませんでした。

  • ノルウェイの森に続いて読んだ本だったが、読んでいくうちに興奮してしまった。久しぶりにこんな興味深い本を読んだという感じだった。BOOK1は、展開がゆったりなので評価は☆4つにしました。

  • オーウェルの「1984」を読んだついでに読んでみようと思って手に取った。村上春樹は数年ぶりだったが、まず驚くほど読みやすい。文体が速い。ただ軽いとは思わなかった。
    オーウェルの1984だけでなくヤナーチェクのシンフォニエッタやバッハや平家物語など様々な芸術、それにオウム真理教やゴーストライターなど同時代的な題材が絡み合いながらも、主題として描いているのはそのどれでもなくて、男女はなぜ求めながらも憎しみ合うのか、という考察だと解釈した。(この巻の時点では)
    短絡的には先が気になるし、結末も気にならないでもないが、それよりもこの考察がどこまで高まっていくのか気になる。

  • 現実とそうでない世界の織り交ぜ方が、非常に秀逸。あと、些細な表現の観察力が素晴らしい。地名や物の名前を具体的にあげて誰でも容易に想像できるイメージをつくり、現実感を高める一方で、自然に不思議な世界へ導入させる、境界線のない感じ。すごく上手だ。

  • これは村上春樹にしか書けない小説だなあと思った。
    内容の話ではなく、500ページ以上も費やした序章という構成が。
    昔のマンガはコミックの3巻までに読者をつかめばよかったそうだけど、今どきのマンガは1巻が売れなければ2巻はない。
    ましてや小説なら、1冊である程度の満足を得られなければ、続きを読んでもらえない可能性が高い。
    出せば確実に売れる村上春樹だからこその仕様だと思った。

    だから余計に構えてしまう。
    自身の読解力不足に怯えてしまう。

    3分冊のうちの最初の1冊で、まだ「ふかえり」が行方不明になったり、月が2つになったりした以外に大きな出来事はなく、感想と言っても取りとめのないことしか思いつかないけど、いくつかを。

    主人公の一人天吾は塾の数学教師であり、デビュー前の小説家である。
    「数学がそんなに楽しければ、なにも苦労して小説を書く必要なんてないじゃないか。ずっと数学だけやっていればいいじゃないか」とふかえりに言われて答える。

    “そうだな、実際の人生は数学とは違う。そこでは物事は最短距離をとって流れるとは限らない。数学は僕にとって、なんて言えばいいのかな、あまりにも自然すぎるんだ。それは僕にとっては美しい風景みたいなものなんだ。ただそこにあるものなんだ。”

    数学好きの長男によく「人生は最短距離で早くゴールすることが目的じゃないんだよ。寄り道しても転んでも大丈夫だから」と言ったものだけど、やはり彼は最短距離を進みたがる傾向にあった。
    数学好きの習性なのだろうか?

    “天吾は小さい時から数学の神童と見なされていた。算数の成績は抜群だった。小学校三年生の時に高校の数学の問題を解くこともできた。”

    数学が壊滅的に出来ない私が言うことではないけれど、これは無理では?
    虚数や関数に行列、微分積分いい気分。
    塾へ行ったこともなく、自宅学習すら親がいい顔をしない家庭に育った天吾が、どこで数学の問題と出会うことができたのか?
    どこでこれらの概念を知ったというのか?
    少なくとも数学の試験で与えられる途中点というのは、計算が合っていることを至上とする算数と、考え方に重きを置く数学との違いを如実に示しているわけで、数学的思考ができない限り数学の問題を解いたとは言えないと思うのだけど。
    まあ、解くこともできた、なので、あながち無理とも言い切れないけど。

    “正しいことであれば、その気持ちが純粋であれば何をしてもいいということにはなりません。”

    往々にして純粋な善意の方がたち悪いことはあるよね。

    村上春樹の小説って「ちはやぶる」なんだなあと思った。
    決して煽っているわけではなく、どちらかというと穏やかな筆致なのに、物語の核に向かっていく力の強さを感じる。
    荒ぶってはいない勢いの力強さ。


    ところで、よりによってノーベル文学賞の発表の日にこの本を読了って…。
    他意はないんですよ、全然。
    どうかこの感想がいろんな方の逆鱗に触れませんように。っていうほど読まれてないか。あはは。

全2197件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

村上春樹の作品

1Q84 BOOK 1に関連する談話室の質問

1Q84 BOOK 1を本棚に登録しているひと

ツイートする