1Q84 BOOK 2

著者 :
  • 新潮社
3.78
  • (1586)
  • (2608)
  • (2216)
  • (338)
  • (75)
本棚登録 : 18575
レビュー : 1617
  • Amazon.co.jp ・本 (501ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103534235

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 3巻へ続く。

  • 3

  • Book1はあれだけ時間を掛けて読んだのに、Book2はこんなに早く読み終わってしまった。
    実質、今日一日で読んだようなもの。それくらい、Book2の加速度は半端じゃなかった。
    気付いたら次へ、そしてまたその次へと、ぐいぐい引き寄せられ続けた感じ。
    そして気がついたら活字は終わっていた。あっけないほど簡単に。

    予測なのだけど、本書はまだ「終わっていない」と思う。
    きっと、ねじ巻き鳥のように、もう一冊が世に生まれてくるような気がする。
    この物語は、まだ「閉じられていない」。
    村上作品は、どの作品においても、最後には必ず「閉じられている」。
    それは、後味の悪さとかそういった次元の話ではない。『幕が引かれたか否か』。
    これは、単にぼくの思い込みなのかもしれない。その可能性は非常に高い。おそらく。
    けれど、やっぱり、本書はまだ「終わっていない」と思う。そう感じる。

    さて、読後に感じた想いを綴ったけれど、本書の感想はまだ書けそうにない。
    なぜなら、先ほども書いたように、本書はまだ「終わっていない」から。
    「結末」まで読まなければ、「作品」に対しての感想はぼくには書けない。
    ただ、ここまで読んだ感想なら、覚え書き程度に書いておくことは出来る。
    それを、ここには書いておこうと思う。この場所は、そういうことを書くために用意した場所だから。

    とはいえ、大まかな感想としては、<a href="http://mediamarker.net/u/ikedas/?asin=4103534222" target="_blank">Book1で書いた感想</a>のそれから変わってない。
    文章は完璧に「村上春樹」だし、ストーリィも申し分ない。
    きちんと「次」に進んだ「村上文学」のあるべき形のように思ったし、そう感じた。
    なんというか、氏の作品を貫いている芯のようなものがあって、本作にもその芯は奥深いところに確固として設置されている。
    文章を彩る様々な装飾はあくまでも『装飾』であって、その『装飾』にはストーリィすらも含まれる。
    「芯」というのは、いわゆる「テーマ」ではなくて、もっと根本的な、「魂」みたいなもの。
    魂と言っても一般的なそれではなく、もっと観念的というか、身体の対としての魂。
    「意識」と表しても良いのかも。それだと、余計に違う意味に取られるかも。よくわからない。

    まあ、なんにせよ、とても満足のいく作品ではあった。
    あとは予測が外れないことを祈る。

    そして、「ウシ」はあの「ウシ」なのか?
    そして彼は、もしかしたら、「羊男」なのか?

    あと、<a href="http://mediamarker.net/u/ikedas/?asin=4150400083" target="_blank">1984年</a>を早いとこ読まなくては。
    聞きかじりの概要から、本書との繋がりというか、本書の背景的なものは読中に何度も感じたから。

  • ずいぶん話が進んだ。青豆と天吾の距離も近くなった。
    青豆の最後の章が気になる。どうなったのだろう?

  • ★★★★☆

  • 小説

  • 図書館
    村上春樹

  • 3.7

  • 物語も佳境に。あまり深読みせずに読むのが吉かな。

  • (2の後編)なかなか面白くなってきた。天吾と青豆両方の章が面白いので交互に美味しい飴を舐めているようで楽しい。
    完全にエンタメ調の小説になっており、その分非常にも白い。3の上編。一気に読破した。
    引き続き3の下巻を読むつもりだ。
    青豆と天吾の出会いはあるのか。
    青豆の今後は、ふかえりと天吾の今後の関係は?
    とにかく興味が湧いて先を読みたくなってきた
    さあ、読まねば・・・
    ていうか、確か過去一度読んだはずなのだが・・・
    こんなに面白かったかなあ

全1617件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月7日発売の『文学界』で短編小説を2作掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
湊 かなえ
三浦 しをん
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする