1Q84 BOOK 3

著者 :
  • 新潮社
3.74
  • (1274)
  • (2035)
  • (1606)
  • (403)
  • (98)
本棚登録 : 16418
レビュー : 1751
  • Amazon.co.jp ・本 (602ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103534259

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 風呂敷は大きかったけど、結局運命の2人の出会いの物語みたいにまとまってしまって、それでよかったのかなぁ?教団のことはどうでもいいのか?あとタマル万能すぎ。登場人物中、唯一の一般人(?)小松の視点から語ってみてほしい。

  • あまりにも現実離れしすぎていて理解に苦しんだ。同じ時間のことが複数の人間の立場から描かれていて混乱した。途中から最後の展開が想像できてしまいあまり面白くなかった。

  • NHK集金の異常な執拗さが印象に残った。初恋の人に会いたくなったが、名前も思い出せない。

  • ん~ん。正直、難しかった。以前、村上春樹を好んで読んでいた時期があり、理解力がないままであったが、今も変わっていない。物語としては面白いが。

  • 青豆は自殺しなかった。

    そこから2人が双方に探し合う話が始まる。今回は牛河もそのキャプチャーの中に入ってくる。
    牛河の描写がいつも可哀想だ。人間の中でとても醜いものとして描写されてる。
    そんでもって最後はタマルに殺される。

    最後はいい感じでハッピーエンドになる。
    けど、分からないこと、付箋を回収してないことが多すぎると思う。その割に無駄な描写が凄く多かった。比喩は確かにすごく上手い!とゆーかそれじゃ逆に分かりにくい!みたいな比喩も多いがこれが「純文学」ってやつなんでしょう!

    最後はハラハラもしなかったし1,2と比べると1番つまらなかったかカモ!

    しかし、全部で1500ページ以上を読破するのはしんどかったわ〜

    NEETじゃないときつい!今読んでおいてよかった〜

    リトルピープル マザ ドウダ ふかえり ユング「冷たくても、冷たくなくても神はここにいる」
    ヤナーチェク シンフォニエッタ

  • いろいろわからないことは多いけど
    なんとなくハッピーエンドでよかった。
    と思う。

  • 青豆は引き金を何かに呼びかけられたように、引き金を引かなかった。

    天吾は猫の町を出る。 
    牛河も2つの月に気づく。1Q84へ。

    青豆と天吾は出会う。

    二人が向かう世界は、1Q84ではないどこか。

  • 合計3冊 約1600ページのお話をまとめると、小さい頃の初恋は、紆余曲折の末、叶えられました。よかったね、という話。

    紆余曲折が大部分を占めるわけですが。そこで語られる風呂敷はたたみ切れていない感がある。「海辺のカフカ」もそんな感じでしたね。

    そもそも、主人公とそのスポンサーは犯罪者な訳で、ハッピーエンドを迎えるのはアンフェアな気がする。

    ジョージオーウェルの一九八四年は歴史を書き換えて何が真実か誰にもわからなくなってしまう話。本作もよくわからなくなるという点では似ているが、このタイトルはちょっと。

    気になるのは、ふかえり、青豆、天吾、タマル、柳屋敷の女主人、教団、ガールフレンドのその後。天吾の父親は誰か?

    メモ
    * ジョージオーウェル 一九八四年
    * ヤナーチェック シンフォニエッタ
    * It's Only a Paper Moon
    * 渚ににて
    * カティサーク
    * シーバス・リーガル
    * ジン・トニック
    * トム・コリンズ
    * ダイキリ
    * 森鴎外 山椒大夫
    * バッハ 平均律クラヴィーア曲集第一巻と第二巻、マタイ受難曲

  • やっと読めた。最後は、架け橋で無理な展開。

  • 201505

全1751件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

村上春樹の作品

ツイートする