騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

著者 :
  • 新潮社
3.77
  • (284)
  • (549)
  • (429)
  • (61)
  • (14)
本棚登録 : 3740
レビュー : 550
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103534334

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 逡ー荳也阜縺九i蟶ー縺」縺ヲ縺阪◆縺ゅ→縺ョ縺薙→繧偵?∽サ雁屓縺ッ縺壹>縺カ繧薙→髟キ縺乗嶌縺?※縺?k縺ェ縺ゅ?√→縺?≧縺ョ縺後∪縺壽?昴▲縺溘%縺ィ縺ァ縲∽サ翫∪縺ァ縺ョ菴懷刀縺ィ縺昴%繧峨∈繧薙r豈斐∋縺ヲ縺ソ繧九→讌ス縺励>縺九b縺励l縺ェ縺??ゅ?繝シ繧ク謨ー縺悟、壹>縺ィ縺?≧縺?縺代〒縺ェ縺上?∽ク?螻ア莠悟アア縺上i縺?≠縺」縺溘?
    縺ゅ→縲?岑逕ー蜈キ蠖ヲ縺ォ縺ィ縺」縺ヲ縺ョ縲碁ィ主」ォ蝗」髟キ谿コ縺励?阪?繧医≧縺ェ菴懷刀縺梧搗荳頑丼讓ケ縺ォ繧ゅ≠繧九?縺?繧阪≧縺九?√→繧よ?昴▲縺溘?ゅ⊇繧峨?√?繝溘Φ繧ー繧ヲ繧ァ繧、縺ィ縺九?驕コ菴懊′縺溘¥縺輔s蜃コ縺ヲ縺阪◆繧翫@縺溘§繧?↑縺??ゅ◎繧薙↑鬚ィ縺ォ譚台ク頑丼讓ケ繧ゅ↑縺」縺溘j縺吶k縺ョ縺九↑縲

  • 下巻だと思って読んだのですが、読み終わった時は表紙を確認し
    「第2部?!という事はつづきがあったのかー」
    と思ってしまうほど、中途半端な終わり方でした。
    だって、邪悪な「スバルフォレスターの男」のことはもうちょっとなんとかしないとと思うし、免色だって謎が多すぎるままだし、ペンギンのストラップも出刃包丁も回収されていないし。
    謎を謎のままにするのも村上さんの得意技だとは思うけど、私にとっては本作は比較的わかりやすい作品だっただけに、せめて邪悪なフォレスターの男のとこくらいは決着をつけて欲しい、ってことで3部、期待してます、村上さん!
    それとも、今はまだわざと未完成に?(笑)
    その時が来たら完結版の3部を出すのかな。

    メタファーが幾重にも張りめぐらされていて、物語があちこちに連鎖していることを感じながら読み、とても面白かったので、そういう意味でも続き読みたいです。

  • 嫌いじゃないかも!

  • 2017年間ベストセラー5位

  • 第2部終えました(^^)
    イデアとメタファー、顕れると遷ろう、何とも掴み所がなく、パッとイメージが湧かないワードでは、あったが、独特の世界観を味わうことができました(笑)
    この先に見える光はどこを照らしているんだろう?何がきっかけで人はウツロイ、導かれていくのか・・・

  • お金持ちシニアの免色さん、娘かもしれない女の子。絵のモデルになってもらう。保護者の叔母。行方不明。『騎士団長殺し』の画面を再現し、顔ながをひっぱり出す。穴の中の旅。石室から助け上げてもらう。未完の肖像。妻の妊娠。妻の元に戻る。

    命の危険というほど大層なことはないように最初は思いましたが、起きうるトラブルを想定するとやっぱりヤバかったんだと思いました。楽しめました。

  • 再生。これを経験しなくては絶対に成し得なかったような救いと再生の物語。魂の救済と再生。

  • ファンタジー?っぽい要素がありつつも騎士団長や顔ながのキャラは結構好きだった。主人公がいろんなことに巻き込まれ、不思議な世界に入り込んで戻ってきたところで終わる。最後がまとめ的になっており、少し駆け足感は否めない。
    まりえみたいな少女に戻れないのは寂しい

  • 題名通りの内容を期待していたが違った。主人公が自分の心と向き合う様な話

  • 第2部は一気

全550件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

村上春樹の作品

ツイートする