河童が覗いたヨーロッパ

著者 :
  • 新潮社
3.67
  • (22)
  • (16)
  • (49)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 147
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103568049

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これはすごい。手書き本。かなり読み応え(見応え?)がありました。絵はもちろん素敵だけど、文字も好き。国際列車の車掌さんたち、お城、窓の違いなど盛りだくさん。泊まったホテルの様子がすごい。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「かなり読み応え(見応え?)がありました。」
      実際に見たものを、上からの視線に置き換えて描いちゃうって凄過ぎですよね。。。
      「かなり読み応え(見応え?)がありました。」
      実際に見たものを、上からの視線に置き換えて描いちゃうって凄過ぎですよね。。。
      2013/08/27
  • ・1/22 読了.US$1が360円ぐらいの当時の旅行記なため、宿泊代は参考にならないけど、ヨーロッパなのにホテル代がめちゃくちゃ安い.EUじゃなかったからか?昔の2000円は高額だったからか?それにしてもよくこれだけ安宿に泊まり続けたものだと感心した.

  •  宿泊先の部屋の見取図、列車の座席の様子や、車掌さんの全体像など、たくさんのイラストがあって見ていて楽しい。

     写真と比べればもちろん情報量は少なくなるけど、イラストは描き手の興味に合わせて、よりくっきりと対象の特徴を表してくれるので、文章と合わせて読むととても魅力的に感じられた。

     好奇心旺盛な著者ならではの観察力で語られる内容も面白い。

  • 面白い本、この見事なイラストを観ると、自分が旅を続けている感覚になるから不思議?

  • 目の付け所が、「バスルームのビデ」「窓」「安宿の間取り」と全部独特で面白い。国際列車の車掌さんのスケッチも面白かった。
    本当はこういうところを見るのが旅の楽しみなんだと思う。

  • 高校時代から気になりながら読んでいなかった妹尾河童。やはり私の好きなテイストでした。ソ連、西ドイツの時代で、日本も随分変わっただろうが、当時の諸外国の安宿の様子は旅人気分、タイムトリップ気分でワクワクする。

  • 所在: 展示架
    請求記号:293.09||Se72
    資料ID:09930821

  • もち、オモロイです!

  • 昔文庫で持ってましたが、単行本で読み直し。イラストの部分など、やはり大きめの絵の方が良いですね。今となっては少々情報は古いものの、やはり読んで(眺めて)面白い一冊です。ただ個人的には「ヨーロッパ」よりも「インド」の方が楽しめたかな?

  • 河童さんに出会った本。幅広く物を見るということを教えたもらった。

全31件中 1 - 10件を表示

河童が覗いたヨーロッパのその他の作品

妹尾河童の作品

河童が覗いたヨーロッパを本棚に登録しているひと

ツイートする