縛られた巨人―南方熊楠の生涯

著者 :
  • 新潮社
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103584025

作品紹介・あらすじ

勉強好きの学校嫌い、少年時は「天狗」、長じては「歩くエンサイクロペディア」と称された、天才・南方熊楠。明治19年渡米、曲馬団助手として南米旅浪後、ロンドン大英博物館に勤務、数多の論文は学界に旋風をまきおこし、革命家、孫文と親交を結ぶ。破天荒のめくるめく生涯を、同郷和歌山在住の著者が愛情こめて描く!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  日本よりも海外で評価されている博物学者“南方熊楠”の伝記です。とにかくその多才ぶりがわかります。南方熊楠の伝記は多く出版されていますが、代表となる一冊です。
    (一般担当/take)

  • 2014.4.29 読了

  • obtnd.ofc

全3件中 1 - 3件を表示

縛られた巨人―南方熊楠の生涯のその他の作品

神坂次郎の作品

ツイートする