飛ぶ夢をしばらく見ない

著者 :
  • 新潮社
3.25
  • (0)
  • (7)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103606017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 出会わなければ良かった。でも、出会ってよかった。人生で積み重ねて来た確かなものが、からりからりと剥がれていく。

  • 大昔に買った本。今でも手元にあります。
    脚本家、山田太一ならではの短く応酬される台詞回しの妙が楽しめる。

    ある日突然時間が逆行し、どんどん若返っていく老女と、閑職に追いやられた中年男性の刹那的な恋愛小説。若返った老女は生き急ぐようにこれまでの時間を急速に遡り、「時間がない」と焦燥感に追い立てられながら、やがて子供になり、巻き戻しの時間を使い切る。

    エロティックな要素が強い物語だが、全編通して言いようのない儚さと哀しさが漂う。少女或いは幼女の年まで若返ってしまった女を相手に、それでも肉体関係に溺れる主人公には些か鼻白むが、愛する女が過ごしてきた時間をひとつも残さず、彼もまた遡っていたのかと思えばそれも哀しい。

  • ファンタジー?
    こういう不思議現象的なお話は、感情移入がなかなかできないのでどうにも苦手。

全3件中 1 - 3件を表示

山田太一の作品

ツイートする