有元利夫全作品 1973~1984

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103617020

作品紹介・あらすじ

「花降る日」で第21回安井賞特別賞、「室内楽」で1981年、第24回安井賞を受賞した有元利夫は、絵とは何か、創るとは何かに、日々、苦しみ、迷い、自らを励まし、問いかけた。量と線と様式、そしてあくまでもマチエール、絵肌にこだわった画家は、豊かな天分を十分に開花させながらも、志なかばにして、惜しまれつつ38歳で他界した。本書は、1973年の卒業制作から亡くなる前年の1984年までのタブロー371点、版画130点を収録した魅力のカタログ・レゾネ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 静謐、といえばいいのだろうか。
    作品の中には音楽が流れているのに ひどく静か。

    幼心に衝撃でした。

  • 美術館で長くながく迷った末、購入。全く後悔はしていません。笑わない、粘土のような女性たちが、ふわふわした世界観の中で絵になっている、どこかメランコリックでありながら、自由。詩を書くのに詰まった時なんかに、開いたりしてます。

全2件中 1 - 2件を表示

有元利夫の作品

有元利夫全作品 1973~1984を本棚に登録しているひと

ツイートする