そして、アンジュは眠りにつく

著者 :
  • 新潮社
3.59
  • (4)
  • (5)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103622048

作品紹介・あらすじ

アンジュ、光のない世界で君が見る夢は?世紀末のナイン・ストーリーズ。茶の間、美少女、世界放浪、死者、ワーグナー、淫夢、温泉旅館、郊外、オペラ、女たらし…島田雅彦の耽美で危険な偏愛コレクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 知識と美意識の優れた作者の「妄想ワールド」は漂うだけで気持ちがよい。

    恥も外聞も忘れて、まずは島田雅彦脳内に飛び込んでみてください。

    なお、金子國義さんの手になる装丁が美しいので、単庫本をお買い上げいただくことを心よりおすすめいたします。

  • 不思議な浮遊感

  • ちょっと綺麗過ぎた気がします。

  • 島田雅彦の作品。内容はエロだったりグロだったりエロだったりですが(笑)、割とざっくばらんに世の中の真理を突いてそうでうわああってなります…。しかし、怖くてあんまり覚えてないのが現実です。でも、作家にしてはイケメンだったような気がします。(きいてない)

  • 文庫版あり

全6件中 1 - 6件を表示

そして、アンジュは眠りにつくのその他の作品

島田雅彦の作品

ツイートする