署名はカリガリ: 大正時代の映画と前衛主義

著者 :
  • 新潮社
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103671091

作品紹介・あらすじ

ドイツ表現主義映画の代表作『カリガリ博士』が大正時代の日本にもたらした驚きとは? みずから進んで映画評を執筆した谷崎潤一郎。日本最初の表現派映画を試みた大泉黒石と溝口健二。新感覚派の小説家たちの協力を得て、前代未聞の前衛映画『狂つた一頁』を製作した衣笠貞之――助精神病院を舞台に、狂人の妄想をグロテスクに描き出した『カリガリ博士』が日本の芸術家たちに与えた衝撃を精緻にたどる評論集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  『カリガリ博士』が日本で公開されたのは1921年5月。当時映画製作者として活動していた谷崎潤一郎は、かつて『人面疽』という映画と狂気を扱った自らの短編小説の映画化を計ったが挫折していた。『カリガリ博士』に共鳴した谷崎は絶賛と注文の混じった熱い批評を書く。1923年、溝口健二は、大泉黒石の原作をもとに『血と霊』を制作する。『カリガリ博士』に影響を受けたストーリーや衣装ではあったが、物語としてはメロドラマから脱却できなかった。1926年、嘉仁天皇が、世間の噂の中衰弱していく年に、衣笠貞之助は川端康成らと『狂った一頁』を作り上げる。その中では、精神病院の患者と医療者が、抑圧する/される関係性であることを越えていく。その後1935年に夢野久作が発表した『ドグラ・マグラ』は、1926年の精神病院を舞台としており、物語の中ではあらゆる二項対立が解体していく。『カリガリ博士』の影響は昭和に入り、アジアへの侵略が行われた時期にも及んでいたのである。
     映画史としても、著者が、大正を生きた人々をどのように追っていったかについてのエッセイとしても面白い。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

四方田 犬彦(よもた・いぬひこ):1953年生れ。批評家・エッセイスト・詩人。著作に『見ることの塩』(河出文庫)、翻訳に『パゾリーニ詩集』(みすず書房)がある。

「2024年 『パレスチナ詩集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

四方田犬彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
赤坂 憲雄
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×