陋巷に在り 10 命の巻

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (5)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103751137

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ちょうざい

  • 諸星先生の表紙に惹かれて手に取り当時10巻まで読んでいた。図書館になかった為、中断して10数年・・・あと3巻で完結だったとは。また、最初から読まないと大筋以外ほとんどおぼえていない・・・結構好きだったのに・・・しゅん。

  • 礼とは何かというのが今ひとつよく分かっていないので、孔子が何がしたいのか分からない。ただとてつもなく迷惑なおっさんとしか言えない。

  • 2001/4/27読了

  • 【10巻説明】「死んだはずだよおっかさん!? 孔子ママの隠された過去☆(注:お亡くなりになってます)」 こんな展開。⇒「あたし、顔徴在! 歌と踊りが大好きな13才の女のコよ☆ みんな、勝手なことばっかりするって文句を言うけど、あたしは神様の命を受けてて、玉のような男の子を産むって決まってるんだから・・・!」
    い、いや、決してイッちゃってるわけでは・・・た、たぶん・・・(´Д`;)

全5件中 1 - 5件を表示

酒見賢一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×