パパだからできる!

著者 :
  • 新潮社
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103786054

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「リング」や「らせん」で知られる小説家鈴木光司(北高の先輩)が、宮台真司、タケカワユキヒデ、羽生善治、石原伸晃など各界の著名人と、子育てについて対談をしたもの。平成9年1月号~平成11年1月号まで雑誌「セサミ」で連載された。
    やっぱり男の人って結構勝手なこと思ってて、理解に苦しむことも多かった。やはり子供を生むと、妻と恋愛はできなくなるが、子供が幼少期の子育ては、夫婦の共通体験となることも多く、それによって結びつきが深まるということはあるらしい。
    松原隆一郎さん(社会経済学者)の章で、妻の出産の際、胎盤をしょうがじょうゆにつけて食べたという話が衝撃だった。

  • こっちも共感!教育に対しての意見をいろんな人との対談で述べている。こういう気を持つのは大事なことなのです。

全2件中 1 - 2件を表示

鈴木光司の作品

ツイートする