還れぬ家

著者 :
  • 新潮社
3.17
  • (3)
  • (12)
  • (14)
  • (2)
  • (5)
本棚登録 : 119
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (441ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103814054

作品紹介・あらすじ

高校生のとき親に対する反発から家出同然で上京したこともある光二だが、認知症で介護が必要となった父、そして家と、向き合わざるをえなくなる。さらに父の死後、東日本大震災が発生し、家を失った多くの人々を光二は眼のあたりにする…。喪われた家をテーマに著者が新境地を拓いた長編小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 私小説家、佐伯一麦氏が語る実父の介護から死に至るまでの出来事と、その後の東日本大震災のこと。

    連載小説形式で家族の恥部とも言えるような事実や葛藤を描く。自身の離婚と今も続くゴタゴタ、両親に近づこうとしない兄と姉、記憶も体も衰えていく父のことなど。私小説家として、ここまで書かなくちゃならないのか。そんな覚悟、プライドを感じさせる作品だ。

    そして、父の死の2年後、連載の途中に起こった大震災。著者の記憶や出来事の順番が混乱しているが、それも含めて「私」の一部として作者は記し続ける。

    それにしても父親の認知症が進んでいく過程は読んでいてつらい。

  • 文学

  • 幼い時の母の一言。「お前なんか、本当は生まれるはずじゃなかったんだ」それが付きまとい、母と一緒にいるとストレスがあり、鬱状態になってしまう。夢の中で母が父が兄が追いかけてくる。そんな光二は高校を終えると逃げ出すように故郷を出てきた。電気工をやったり色々な職業につきながら文章を書いてきた。新人賞をもらって作家の道を歩みだしたころに故郷に家を建てた。しかしそのころから妻とはうまく行かず、とうとう離婚し今は再婚して柚子と二人暮らしだ。そんな頃、父が認知症のようだと言われ、その介護に追われだした。その頃を始めとして同時並行的に光二の半生を連載小説に書き出した。
    認知症の父の様子。人事ではない。そうだそうだと自分の母の様子を思い出した。

  • 一言で言えば、すごく現実的な小説。
    凝った設定や登場人物などは一切登場せず、現実感を伴った状態で話は進行していく。
    認知症や介護という問題に実際に直面した時に、どのような行動をとればいいのかなど、考えさせられる小説。
    でも、読んでいて面白いかと聞かれれば、面白くない。

  • 作者の日常を書いてるが表現力が凄い。常に作者の立ち位置原点に、一ミリの狂いやブレがないのがこの表現をうむのかと思う。

  • <閲覧スタッフより>
    「家へ還れない個人的な思いをずっと綴ってきた私にとって、外からの力によって家へ戻ることが有無を言わさず不可能になった者たちの姿を前にすると、我が身のことだけにかまけてきたようで自省させられるものがありました」。2009年4月より連載されてきた私小説が震災を挟んで変化してゆく。

    --------------------------------------
    所在記号:913.6||サエ
    資料番号:10225378
    --------------------------------------

  • ますます円熟。震災の経験を真正面から受け止めて作品に反映させる姿勢に好感。

  • 家族(特に母)との関係が遠因で鬱病の主人公が父親の認知症をきっかけに実家と関わって行く様になり、昔の自分と、親との関係に折り合いをつけようともがくなか東日本大震災が起き…。世間体を気にして傷つけられた日々、夫に楯突けないので有無を言わさず息子と嫁に振ってくる母親、あるキッカケで介護から逃げ出す様子などリアルで辛い。既に介護経験者ならあるある、まだこれからの人には覚悟としての予習で読むのはいいかも。ただ延々と続く描写には気分が陰鬱となる。そして、こんなに出来た嫁はおらん…てか真似出来ないわ。

  • 老いていく父への介護に絡め、3・11にも言及する。私小説。じっくり読むべき本。重く心に響いた。

  • いわゆる私小説ということだと思います。おそらく私と同年代なのか?
    仙台近郊で両親のそばに住む小説家が親の介護、看取りそして東日本大震災での被災について綴っている。
    小説として読んでいいのか、経験談として読んだらいいのか戸惑いました。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

佐伯一麦(さえき・かずみ)
1959年、宮城県仙台市生まれ。仙台第一高等学校卒業。上京して雑誌記者、電気工などさまざまな職に就きながら、1984年「木を接ぐ」で「海燕」新人文学賞を受賞する。1990年『ショート・サーキット』で野間文芸新人賞、翌年『ア・ルース・ボーイ』で三島由紀夫賞。その後、帰郷して作家活動に専念する。1997年『遠き山に日は落ちて』で木山捷平賞、2004年『鉄塔家族』で大佛次郎賞、2007年『ノルゲNorge』で野間文芸賞、2014年『還れぬ家』で毎日芸術賞、『渡良瀬』で伊藤整賞をそれぞれ受賞。


「2019年 『山海記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐伯一麦の作品

ツイートする
×