王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―

  • 新潮社
3.68
  • (189)
  • (201)
  • (406)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 1383
レビュー : 202
  • Amazon.co.jp ・本 (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103834038

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サボテンとおばあちゃん、その孫。
    薬草茶を職にする変わった話。 よみやすい!
    友達からもらった本。

  • □現代人らしくない登場人物がいい。
    ■穏やかな気持ちになれ、影響される。
    □全てのものが愛しくなる。
    ■一見淡々としているようでいい言葉がたくさんある。
    ■読んでよかったと思う。



  • 守られる、比べる・・・

    この小説は読むたび感じ方が違うんだろうなと思わされる。


    どきんとすることばも詰まっている。

  • £1.50

  • 不思議なちからを持つ楓とそのアシスタントでこれまたちょっとわけありな不思議さをもつ雫石との出逢い、の話。ただし二人は恋に堕ちるとかではないので注意。作品中の例示にトリックの直子と上田が出てました。あんな感じ。でも上山は私のジャスティス。。。
    なんか最初らへんの自然スゴイアピール人間汚いアピールが他の作品より濃く感じたのでウヘェとなった。でも最終的には、雫石が山を降りたことで知った、素晴らしい人々の暖かさによって救われ明日を生きていこう、恋をしていこうとするのでやっぱりよかった、かな? 最後の展開はなかなか面白かった。あの夫婦どこに絡んでくるんだと思ってたら。あと私もなんかサボテン欲しくなりました。そして楓のような超能力者に会いたい。。。王国は今その3まで出てるのかな。探してこなきゃ。

  • 最高のものを探し続けなさい。
    そして謙虚でいなさい。憎しみはあなたの細胞まで傷つけてしまうから。

    雫石(しずくいし)という名の、サボテン好きな女の子が主人公。
    雫石は人里離れた山小屋に祖母と住んでいた。
    祖母は症状にあわせてお茶を配合し、病気にかかった人たちを治癒させる不思議な能力を持っていた。
    しかし、ある日、祖母は恋人とともに海外へ移住することになる。
    天涯孤独の身となり山を下りた人つき合いの苦手な雫石は、ほとんど目が見えない楓という名の男の占い師に出会い、そのアシスタントとして生活を始める。
    その二人に、楓のパトロンである偏屈な同性愛者片岡、サボテン公園で知り合いやがて雫石と不倫関係を結ぶサボテンの専門家野林、が加わって、それぞれに孤独を抱えた人物たちが動き出してゆく。
    (「BOOK」データベースより)

  • 植物の心を理解する雫石という女性の物語。
    どうしてこうもよしもとばななの文章って非現実的な世界にマッチしてるんだろう。
    おばあちゃんのかっこよさにしびれた!
    次が気になる。わくわく。

  • ばななさんの作品にしては今思えばまどろっこしい。
    2巻がちょっと中だるみな感じがした

  • 最初のほう「西の魔女が死んだ」に影響されたのか?と思った。

  • 大好きなシリーズその1。がんじがらめになっていた心が、するするとほどけてく感じがする。

全202件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

吉本ばなな(本名:吉本 真秀子 よしもと まほこ、旧筆名:よしもと ばなな)
1964年、東京都生まれの作家。日本大学芸術学部文芸学科卒業。卒業制作の「ムーンライト・シャドウ」が日大芸術学部長賞を受賞。また「キッチン」で第6回海燕新人文学賞を受賞、デビュー作となる。
1989年『TUGUMI』で山本周五郎賞を受賞。1996年イタリアのフェンディッシメ文学賞(35歳以下部門)、1999年イタリアのマスケラダルジェント賞文学部門を受賞。2000年『不倫と南米』でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。その他代表作に、映画化された『アルゼンチンババア』などがある。
海外での評価が高く、著作が多くの国で翻訳されてきた。

よしもとばななの作品

ツイートする