王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―

  • 新潮社
3.68
  • (189)
  • (201)
  • (406)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 1383
レビュー : 202
  • Amazon.co.jp ・本 (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103834038

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりによしもとばななさんを読んだらとっても良かった。
    おばあちゃんと雫石と楓と片岡さん。

  • 王国シリーズ。その1。

    目に見えない「大きなもの」に包まれ、
    守られて生きる女の子の物語。

    “最高のもの探し続けなさい。
     そして謙虚でいなさい。
     憎しみはあなたの細胞まで傷つけてしまうから…”

    図書館でかりたけど買っちゃおう。保存版!

    自然と人間の関係。
    自然と自然の関係。
    人間と人間の関係。
    みえるものとみえないもの。。

    楓の部屋はきっと、とてもいい雰囲気だと思う。
    緑がいっぱいで木の家具と本に囲まれて。。(勝手に想像)


    主人公 雫石のおばあちゃんは
    「西の魔女が死んだ/梨木香歩」のおばあちゃんくらい好き。

    「薬指の標本/小川洋子」の標本室のバイトも
    おもしろそうだと思ったけど
    楓のところもなかなかおもしろそう。。

  • 納得する言葉があふれている。

  • 【守られながらじっと世界を見つめる
     神様から見ればいくつになっても幼いある女の子、
     その目で見つめたちっぽけな、でもすべてが新鮮に輝く世界。
     そういう小さな物語だ。】

    山で薬草の調合をしながら
    占い師である祖母と生きてきた雫石。
    山の開発をきっかけに都会で一人暮らすことになり
    天才占い師である、盲目の楓に出逢う。

    しずくいしって名前がなんともいえない。
    そしておばあちゃん、亡くなったわけではなく
    恋人と海外に住んでる。なんともいえない。
    楓と恋に落ちるかと思えば、
    楓にはパトロンの片岡さんという男性がいるし。
    なんともいえないね!
    それこそがばななワールドです。
    一筋縄ではいかないのです。

    出てくる人が、みんな一癖あるのに
    みんなあたたかい。それでいて厳しさを持ち合わせてる。
    山に登りたいなって唐突に思った。
    決して歓迎されるばかりの生やさしいものではなくても
    濃く迫ってくる命にあいたい。

    【ああ、この人はきっとサボテンが私に貸してくれたんだ、
    私はそう思った。私は時々不安になる。
    いつかは返さなくちゃいけないだろう、
    あの優しい声も、
    笑うと月のように細くなるあたたかいまなざしも。】

  • やっと平和がやってきた!こつこつ既刊を読み進めていきたい。よしもとばななワールド全開。

  • (「BOOK」データベースより)
    最高のものを探し続けなさい。そして謙虚でいなさい。憎しみはあなたの細胞まで傷つけてしまうから。大きなものに包まれ、守られている女の子の物語。

  • 心洗われるって、こういう気持ちを言うんだろうな。

  • 素晴らしい作品と出会えたなと感無量
    言葉にすると陳腐だが。
    癒されるというより浄化された気がする

    この作品といい、「西の魔女が死んだ」といい、わたしは"おばあちゃんと少女"という組み合わせがきっと好きなのだとおもう

    自分とひたすらに向き合うこと
    謙虚でいること‥
    これはなかなか難しい、よね。
    でも肝に命じなくちゃ

    本を読みながら、わたしにとってこの瞬間さえ恐らく何か大きな把握しきれない大きなものに試されているのだと思った。修行なのだ。そしてそれさえ、包んでくれているのだと。

  • 四作続く作品の一冊め。幼い頃とても大好きだったせいか、よしもとばななの本を読むと未読でもなんとなく懐かしい感じがする。それはきっと文章のリズムだったり、言い回しだったりが彼女特有だからなんだろうな、と思う。
    今回の主人公の名は「雫石」。
    そういえば、幼い頃大好きだったあの本の主人公は「みかげ」だったとふと思い出した。

  • 2012.7.15読了。

    謙虚に、丁寧に。むつかしいんだなぁこれは。誰かに何かに、振り出しへ戻してもらわないと、見失いそうでこわい。

全202件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

吉本ばなな(本名:吉本 真秀子 よしもと まほこ、旧筆名:よしもと ばなな)
1964年、東京都生まれの作家。日本大学芸術学部文芸学科卒業。卒業制作の「ムーンライト・シャドウ」が日大芸術学部長賞を受賞。また「キッチン」で第6回海燕新人文学賞を受賞、デビュー作となる。
1989年『TUGUMI』で山本周五郎賞を受賞。1996年イタリアのフェンディッシメ文学賞(35歳以下部門)、1999年イタリアのマスケラダルジェント賞文学部門を受賞。2000年『不倫と南米』でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。その他代表作に、映画化された『アルゼンチンババア』などがある。
海外での評価が高く、著作が多くの国で翻訳されてきた。

よしもとばななの作品

ツイートする