王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―

  • 新潮社
3.68
  • (189)
  • (201)
  • (406)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 1383
レビュー : 202
  • Amazon.co.jp ・本 (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103834038

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりによしもとばななの本を読みました。
    少し不思議な世界なのは相変わらず。
    読んでて、ナウシカを思い出しました。
    こういう風にいきたいような、生きたくないような。
    その2を早く読みたいです。

  • 吉本ばななさんの本だから、って無条件で手に取った本。
    「ひな菊~」とはまた違って穏やかな感じの話。
    これ、その1ってなってるけど2もあるのかな…?

  • この人は、やっぱりそうなんだね、と。six scenceなお話だ。

  • なぜだろう。吉本ばななは嫌いだけど、なんだかこれで、離れかけていた魂が戻ってきた気がする。

  • 山でお茶作りの名手である祖母の手伝いをしながら暮らしていた雫石が山を下りて、
    弱視で少し不思議な力を持つ楓と出会う。

    なるほどスピリチュアル。

    せかせかしていなくて、素直にいいなぁと思いました。

    ただ、会話の言葉選びが少しだけ、自分のツボではなかったのが残念。

  • 薬草茶を飲んでみたい

  • 小さな山小屋に薬草茶をつくるおばあちゃんのアシスタントとして暮らしていた雫石。
    おばあちゃんが日本を離れることになり、一人で山を下り都会へ移り住んだ。
    その都会で出会った不思議な男性占い師楓、そして真一郎くんとの不倫の恋。


    ばななさんの綴る物語は、
    なんでもない場面でも泣けてしまったりする。

    特に心に響いた場面が、
    おばあちゃんが雫石に言った言葉。
    「いつかきっと大きな意味で、うまくいく日も来るよ。人のいるところには必ず最低のものと同時に最高のものもあるの。憎むことにエネルギーを無駄遣いしてはいけない。最高のものを探し続けなさい。流れに身をまかせて、謙虚でいなさい。」


    個人的には、楓のパトロン片岡さんが
    脇役ながら渋いと思う!


    この作品も他のばなな作品同様、
    読んだあとにシンとなる感じでした。

  • 神様に守られている女の子の話。
    名言の多い作品。

    最高のものを探し続けなさい。そして謙虚でいなさい。

    私の大切な言葉。

  • その4を読んで、あれ?雫石ってこんなだっけと思ったので読み直しー

  • ペンネームを吉本ばななから、よしもとばななに変えての一作目の作品。
    そこにどういう意図があったのかよく知らないが、文体、世界感がより身体的、精神的になっていった気がする。
    ともすれば、幼いともいえるような文章表現を使いながら、微妙な心理のあやを言い当てるのには正確すぎるくらい正確で、その気負いのなさには、危うさを感じるほどだ。一部の読者は熱狂的にひきつけられるだろうが、もうついてこれない読者層も多くあるだろう。この人はどこへ行こうとしているのだろうか。
    『王国』はシリーズ作品で、この本は一作目だが、この作品がどう進んでいくのか楽しみだ。

全202件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

吉本ばなな(本名:吉本 真秀子 よしもと まほこ、旧筆名:よしもと ばなな)
1964年、東京都生まれの作家。日本大学芸術学部文芸学科卒業。卒業制作の「ムーンライト・シャドウ」が日大芸術学部長賞を受賞。また「キッチン」で第6回海燕新人文学賞を受賞、デビュー作となる。
1989年『TUGUMI』で山本周五郎賞を受賞。1996年イタリアのフェンディッシメ文学賞(35歳以下部門)、1999年イタリアのマスケラダルジェント賞文学部門を受賞。2000年『不倫と南米』でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。その他代表作に、映画化された『アルゼンチンババア』などがある。
海外での評価が高く、著作が多くの国で翻訳されてきた。

よしもとばななの作品

ツイートする