谷崎潤一郎 擬態の誘惑

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103860013

作品紹介・あらすじ

谷崎を読み、その比類なき愚かさ、作家の生々しいかたちに触れる意味とは-今日の文学的風土のただ中で、言葉への情熱と愉悦を語りつくす、気鋭の本格的文芸批評。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『痴人の愛』論は異常に冴えている。『細雪』論は、戦争を対置しながら論じるのはいいんだけど、時々強引。しかし、全体として素晴らしいのは間違いない。ただし文体が学校の先生みたいで嫌いだ。「〜ということを確認しさえすれば事足りる」とか、「一事は〜にかかってくるわけだが」とか。後、蓮実重彦の二番煎じみたいな文体もやめて欲しいし、読者をあからさまに「教育」しようという態度もかなりうっとうしい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1952年生まれ。著書『日本小説技術史』『小説技術論』『言葉と奇蹟」など多数。

「2020年 『日本小説批評の起源』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡部直己の作品

谷崎潤一郎 擬態の誘惑を本棚に登録しているひと

ツイートする
×