暗殺者ロレンザッチョ

著者 :
  • 新潮社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103897040

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔読んだのを再読。
    結構忘れていたので新鮮に読めました。

    イタリアで時の権力者アレッサンドロを暗殺したロレンツィーノ。彼が何故「悪ロレンツィーノ」つまりロレンザッチョと呼ばれるようになったのか、3人の女たちの思惑と共に語られる。

    自分を確立するために誰かを暗殺するって凄い発想ですよね。なんとなく「罪と罰」とも通じるような。

    でも、本当に怖いのは女の人だと思います。
    この後上手くいったのかしら。

  • 「預言者ノストラダムス」へと続く物語(若干設定の違いがあるようだが)。「預言者~」を先に読んでしまったせいか,主人公は,やはりカトリーヌ・ドゥ・メディシスに思える。

  • 10/27開始。告白本?なぜ暗殺者になったのかを主役?が語る。あまり内容がなかった感。10/28読了

  • 私の中では微妙な暗殺者

全4件中 1 - 4件を表示

暗殺者ロレンザッチョのその他の作品

藤本ひとみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする