現代人は救われ得るか―平成の思想と文芸

著者 :
  • 新潮社
3.33
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103909132

作品紹介・あらすじ

暴力によって、犯罪によってしか、現代人は結びあえないのか-江藤淳『成熟と喪失』から四十三年、今、我々は新たな時代精神の出現を目撃する。昭和天皇大喪の礼から『1Q84』まで、平成の現実リアリティ感覚を根底から問う批評の冒険。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「わが戦前」というタイトルで雑誌『新潮』に連載されていたもの。もっと評価されていい本。平成論として押さえなければならない批評だ

  • とりとめがないなあ。

  • 島田雅彦 無限カノン、彗星の住人、美しい魂、エトロフの恋

全3件中 1 - 3件を表示

福田和也の作品

ツイートする