つばくろ越え

著者 :
  • 新潮社
3.55
  • (2)
  • (9)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103986058

作品紹介・あらすじ

流通機構の拡充に迫られた幕末、飛脚問屋は変り種をあみ出した。その名も「通し飛脚」。中継抜きで列島を単独横断する韋駄天たち、束ねるは蓬莱屋。携える金品の「事情」を一人で背負い続けるその行程は、過ぎゆく土地の心の襞に分け入る道行きだった…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (収録作品)つばくろ越え/出直し街道/ながい道草/彼岸の旅

  •  男らしさ、男粋を感じたと言えばいいのかな?
     うまく表現出来ないのですが、“いぶし銀”という言葉が浮かぶ、そんな読み応えのある、心にしみる4編のストーリーでした。

  • 4短編;時代物のハードボイルド;
    一人で全行程を駆け抜ける飛脚達の話。
    ミステリー的でもあるが,やっぱりハードボイルド

    2012/03/03図書館から借用;
    3/16の朝の通勤電車から読み始め; 3/18読了

  • やっぱ読みやすくて(・∀・)イイ!!
    時代モノあまり読まないのに(・∀・)イイ!!感じで読めます。

  • 仙造さん激渋

  • 読了

  • 通し飛脚を主人公に人情物を描いています。
    おもしろかったです。

  • 渋いなあ。このような逞しい男達は、私の周りでは絶滅危惧種です。

  • 小説新潮に連載していたものをまとめた4編ですが、どれもシミ辰の円熟の筆冴えまくり!長年の作風の変遷を読ませてもらってきましたが、現在この人間関係の機微を違和感なく受け入れられるのは時代物の世界観しかないのかと思ったりもします。「行きずりの街」もすきだったけど、「つばくろ越え」ももっと好きですよ〜

  • 寡黙で義に篤い男たちに惚れます。
    それにしても「通し飛脚」という人たちがいたなんて初耳でした。

    江戸時代を舞台にした時代小説って、ほとんど江戸、京、大坂周辺市か登場しないけど、このお話は越後が舞台。
    もちろん地方でもドラマが展開されていたわけですよねえ。

全12件中 1 - 10件を表示

つばくろ越えのその他の作品

志水辰夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
近藤 史恵
貴志 祐介
村上 春樹
近藤 史恵
冲方 丁
伊坂 幸太郎
吉田 修一
北村 薫
東野 圭吾
佐々木 譲
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
道尾 秀介
湊 かなえ
三浦 しをん
志水 辰夫
東野 圭吾
道尾 秀介
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする