博士の愛した数式

著者 :
  • 新潮社
3.84
  • (1303)
  • (1184)
  • (1750)
  • (88)
  • (20)
本棚登録 : 7066
レビュー : 1320
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104013036

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 良さがわからない...

  • 一気に読んでしまいました。
    80分しか記憶がもたない博士とそこで働く家政婦とその息子ルートのお話。

    毎朝目覚めて80分しか記憶がもたないことを知り、ひっそりと泣く博士の姿には、私も涙してしまいした。

    この本を読んで、大切な人をもっと大切にしようと思いました。優しくしようと思いました。そう思う位、博士がルートに向けた深い愛情が温かいです。

    それに、数学ってこんな素敵で哲学的なモノだったんだと新発見です。

  • 人間はこんなにも優しくてか弱くて愛情を持った聡明な生き物であると、再確認できる言葉の連なりを生み出す作家さんだと思う。透明感がすごい。
    自然と涙が浮かぶ。言葉の中に、感情が滲み込んでいて、それがわたしの目を通り脳に届き、涙をにじませているように思う。
    素晴らしい親子。人としての優しさと知性を兼ね備えた、素晴らしい親子だ。

  • 博士と少年。付箋をはる博士、微笑ましいな。

  • 心の奥が優しく包み込まれるような物語でした。お互いが相手のことを思いやる気持ち、博士のルートや他の子供に対する愛情が伝わってきて暖かい気持ちになりました。

  • 家政婦紹介組合から「私」は博士のところへ派遣される。
    博士は数学の知識に長け、子どもを何よりも愛し、記憶が80分しか持たない。「私」の息子をルートと呼び、母子を成長させてくれた博士。数学の持つ神秘と三人の交流の物語。

    ------------------------------

    義姉と博士の関係ははっきりと語られなかったが、わざわざ説明などしなくてもわかるでしょってことなんだろうな。でも、そこまでの愛情を博士に対して持っているのに、なぜ義姉は家政婦をお願いしたのだろうか。そこだけ謎だった。高齢だったっていうのも理由なんだろうけど、すこしひっかかってしまった。

    博士の数学トーク術は本当に面白かった。数字が持つ規則性や素数の話はさすがだなあといった感じ。
    博士を信用しなかった「私」に対してルートが怒る場面があったけど、息子にそこまで頭を下げるというのもどうかとはちょっと思った。
    80分の記憶すら持たなくなってしまう場面は悲しくて背筋がゾワゾワした。忘れてしまうことも悲しいし、忘れられることも寂しい。
    ルートが数学の先生になることで、これ以上ないハッピーエンドを迎えて大満足だった。傑作。

  • 素直で謙虚な気持ちがあれば、人って質素でも心豊かに過ごせるんだと思った。ルートと母親の博士に対する思いやり、博士のルートに対する包容力、母親の博士への眼差しは理想の家族のように見えた。暖かいんだけどいつもちょっと切ない感じの大人たちの中でルートの存在は大きい。登場人物が大人だけだったら、薄暗いかもしれない。

  • 今更ながら読んだ。
    長く多くの人に読まれている本は、やっぱり良かった。
    登場人物たちが、とにかく優しい。精いっぱい相手を思いやる。
    不思議なのは、なぜか自然と物語の舞台を外国と捉えてしまいそうになった事。エピソードはまさに日本なのに。

  • 優しいお話でした。映画を昔見ていたのですが新鮮に読めました。子供は大切にしなければいけないです。思いやりや優しさが多くありました。博士の数式の謎が解けなかったのが残念です。まだ力がないのかも

  • 配置場所:広3図書
    資料ID:93033253
    請求記号:913.6||O

全1320件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

小川 洋子(おがわ ようこ)
1962年、岡山県生まれ。高校時代に文芸を志し、早稲田大学第一文学部文芸専修入学。在学中から文芸賞に応募。卒業後一般企業に就職したが、1986年の結婚を機に退職、小説家の道に進む。
1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』読売文学賞、本屋大賞、2006年『ミーナの行進』谷崎潤一郎賞、2012年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞、2013年早稲田大学坪内逍遙大賞をそれぞれ受賞。芥川賞、太宰治賞、読売文学賞、河合隼雄物語賞などの選考委員を務める。
『博士の愛した数式』は映画化され、大ヒットとなった。受賞作以外の代表作として、『薬指の標本』『人質の朗読会』『猫を抱いて象と泳ぐ』。

博士の愛した数式のその他の作品

小川洋子の作品

ツイートする