博士の愛した数式

著者 :
  • 新潮社
3.84
  • (1305)
  • (1183)
  • (1750)
  • (88)
  • (20)
本棚登録 : 7078
レビュー : 1320
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104013036

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かった。数字って楽しいのがわかる。
    でも、あのババア、なんなんだよ。
    死んじゃったかもしんないんだよ。あれはないよね。
    むかついた。S12

  • 再読。宮下奈都さんの「静かな雨」を読んだら読みたくなったので。ふわりとした優しさに溢れていた。博士がいろんな数字に意味を見出すところが好き。特に友愛数の220と284。「見てご覧、この素晴らしい一続きの数字の連なりを。君の誕生日と、僕の手首に刻まれた数字が、これほど見事なチェーンでつながり合っているなんて」 参考文献の「数の悪魔」は大好きで何回も読んだ本だから小川さんも読んでいて嬉しい。

  • 【内容】
    交通事故のせいで,記憶が80分ごとに上書きされてしまう博士と家政婦として派遣された「私」の物語.
    その独特な後遺症や絵に書いたような研究者らしい生活,博士の数字攻めに音を上げて辞める家政婦ばかりで,博士の家政婦は長続きしない.家事のスペシャリストである「私」も博士に苦労するが,少しずつ慣れていくと共に数の持つ力に魅了されていく.

    【感想】
    数学でも何でも,まるで哲学のように語り合うのって楽しいですよね.
    久々に数学に興味をもてました.そして,物理関係でもこんな感じの小説ないかな.読んでみたい.

    「私」視点だから良かったものの,博士の視点だったら別の作品になっていたと思います.
    朝起きてはじめに目にするものが,「僕の記憶は80分しかもたない」メモだったら.昨夜見たと思っていた夢が,実は遠い昔の記憶のものだったとしたら.
    そこまで言われて初めて「80分の記憶」について具体的なイメージが出来ました.
    でも,イメージができた時にはもう遅く,博士のカセットテープは壊れていくし,家政婦解約の危機になるしで,博士と過ごす日々が少なくのが目に見えてわかるので,切なくて,途中から大事に読みました.(めっさ時間かけてしまった...)

  • 二十歳ぐらいの時に読んで、当時好きだった人に貸しました。
    結局恋は実らなかったけど。
    この本を見ると今でもその人のことを思い出します。

    貸した本はまだ返ってこないけど。
    それでいいんだ。
    返ってきたら恋が終わってしまう気がするから。

  • 2以外のすべての素数は二種類に分類される。
    nを自然数として、4n+1か4n-1か。二つに一つだ。
    例えば13なら   4×3+1です。
         19なら  4×5-1です。
     もう一つ付け加えよう。前者の素数は常に二つの二乗の和で表せる。
    しかし、後者は決して表せない。
    13=2の2乗+3の2乗である。

  • (良い意味で)読みやすかったです。
    心が洗われる。

  • 数学好きな私としてはとても面白く、かといって数学数学してるかというとそうでもない。
    数学を通したコミュニケーションがすごく美しく洗練されているように感じる。
    博士はどのような世界に生きていて、どのような感覚かを想像することは難しくとても辛かった。
    気分が落ちてる時に読んだら、少しのまれてしまった。

  • (2014.07.10読了)
    2004年第一回本屋大賞受賞作です!
    事故で記憶力を失ってしまった天才数学者とその家政婦、そして10歳の家政婦の息子。
    三人の、「恋愛」とはまた違った愛の物語。
    静かで心が落ち着くお話しでした(^_^)

  • 先に映画版を観てから、読みました。原作は、所々映画版と違う点があり、特に最後博士が病院に入院し、80分の記憶もできなることがショックでした。
    ルートの幼いながらも人を思いやれる気持ちを持った姿が私はなによりも好きでした。

  • 数学も芸術。学問芸術。

著者プロフィール

小川 洋子(おがわ ようこ)
1962年、岡山県生まれ。高校時代に文芸を志し、早稲田大学第一文学部文芸専修入学。在学中から文芸賞に応募。卒業後一般企業に就職したが、1986年の結婚を機に退職、小説家の道に進む。
1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』読売文学賞、本屋大賞、2006年『ミーナの行進』谷崎潤一郎賞、2012年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞、2013年早稲田大学坪内逍遙大賞をそれぞれ受賞。芥川賞、太宰治賞、読売文学賞、河合隼雄物語賞などの選考委員を務める。
『博士の愛した数式』は映画化され、大ヒットとなった。受賞作以外の代表作として、『薬指の標本』『人質の朗読会』『猫を抱いて象と泳ぐ』。

博士の愛した数式のその他の作品

小川洋子の作品

ツイートする