こぼれ種

著者 :
  • 新潮社
3.11
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104052028

作品紹介・あらすじ

祖父・幸田露伴、母・文を先達に、春夏秋冬、樹木を見て歩きました。毎日見ている街路樹だけど、この木の名前は何かしら?そんな疑問を抱いたら、「こぼれ種」を拾って育てましょう。どんな芽が出てくるか、お楽しみ!木の一生、花の性質を探訪し、植物と人との深い絆に思いを寄せる心あたたまる連作エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブックカフェえんじゅにて。読みかけ。

  • 庭の木、母・幸田文が心にかけ続けた木などについてのエッセイ。
    写真が美しい。
    植物への思いいれの深さは、なんとなく幸田文譲りのものなのかな、と思わないでもない。
    飯桐について書かれた文章(「長い道草」)あたりを読むと、やや感傷的すぎる気がする。

  • 植物の話がたくさんで嬉しい。
    ハンカチノキなど、見てみたい。
    草木が好きなので読むのが楽しかったー

  • 先日入荷した古本から早速購入。ぱらぱらめくると、花や木、布の写真の中に、幸田文さんの写真も散見される。植物への想いがきめ細かく語られるエッセイ。

全4件中 1 - 4件を表示

こぼれ種のその他の作品

青木玉の作品

ツイートする