読まずにはいられない―北村薫のエッセイ

著者 :
  • 新潮社
3.28
  • (2)
  • (10)
  • (20)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 119
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104066087

作品紹介・あらすじ

"本の語り部"北村薫が、熱烈おすすめの古今東西名作ミステリ案内、当代人気作家の魅惑の読みどころ解説、作家になる以前に書かれた文章表現指南のコラムなども収録。人生の時間を深く見つめる"あたたかなまなざし"に包まれて、読む喜びを堪能できる読書人必携の一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あぁ、なんて愛おしいのか。
    小学生の北村薫さんがキラキラした瞳で本を見つめている姿が目に浮かぶ。
    そして作品からも伝わってくる北村さんの優しさはその頃から全く変わっていないんだなと思えた。
    そのことが自分でも呆れるくらいに嬉しくて胸がいっぱいになってしまった。

    この本は3章で構成されている。
    1は「読書 1978-2001」。
    本の解説がメイン。
    いつもは本文を読んでから解説を読むので、解説しかないという状況に少し戸惑った。
    それでも愛のあふれた解説はなんとも魅力的で、だんだん気にならなくなったから不思議。
    しかし大半がミステリなので、未読の方は注意と書かれたものは読めなかったのは無念だった。
    必ずリベンジしてやると心に誓った。

    2は「自作の周辺」。
    なぜ覆面作家だったのかが語られていたのがとても嬉しい。
    そして戸川編集長を拝みたくなった。
    北村さんの作品が読める幸せをかみしめる。

    3は「日常の謎 愛しいもの」。
    可愛い北村少年に出会い、優しいお父さんの一面も覗けてしまった。
    大好きな小説を書く人のことが作品同様に大好きになれる、こんなに幸せなことはなかなかないんじゃないか。

    そして巻末の著作リストの未読本をチェック。
    既読本もタイトルを見たらまた読みたくなるものばかりで、全部読めるのはいつになることやら‥。
    幸せな悩みだ。

  •  エッセイ集……というより、今までに書かれた解説や雑誌のエッセイをあちこちから集めて来たもの。北村薫さんのかなりのファンでなければおもしろくないかも。

  • 図書館で借りた。解説類は読み飛ばした。その本が手元にないと内容が頭に入ってこない。後半は楽しく読めた。

  • 古典ミステリーをほとんど読んでいないので分からないことも多かったです。ここに紹介されている本を読んでいたら、もっと楽しめたのにと思うと少し残念です。北村薫氏の“本が大好き!”という気持ちがとっても伝わってきましたし、読みたい本も増えました。ああ、読みたい本ばかりで時間が足りない(苦笑)

  • いろんなところで書かれた文章を集めた初エッセイ集だそうな。前半はかなり読みづらい。というか取り上げられている作品に全然ご縁がないので・・・。後半の次作の周辺や、作家になったきっかけや覆面作家時代の話、「おどるバカ」の話がおもしろかった。

  • 未読作品が多くて、半分以上読めず…

  •  北村薫さんの1978年から2001年に書かれたエッセイをまとめた本。エッセイ中に出てくる作品のリストや初出一覧、著作リストも。
     “読書の醍醐味”!う~ん、確かに!納得。

  • 251ページからのエッセイが面白い.特に298ページにある「作品は楽譜に当たるもので、それを演奏するのは読者である.」が妙に気に入った.

  • とにかくひたすら北村さんの読書量と博識に驚き続けた本でした。

  • ちょうど、「ビブリア古書堂」と並行して読んだので、栞子さんと北村薫さんの博覧強記ぶりがかさなって見えた。
    北村薫さんは、しかし、現実を生きる人で、架空の人物ではない。そのひとの機知と知識がどれほどにエッセイにも生かされているかは、本の最後につけられた、長い長い、出覧本のリストにわかる。

    それにしてもそろそろ、小説の新作が読みたいなぁ。

全18件中 1 - 10件を表示

北村薫の作品

読まずにはいられない―北村薫のエッセイを本棚に登録しているひと

ツイートする