ポニーテール

著者 :
  • 新潮社
3.66
  • (45)
  • (136)
  • (121)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 697
レビュー : 153
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104075119

作品紹介・あらすじ

マキとフミは、できたてホヤホヤの「新米きょうだい」二人の心は、近づいたり離れたり、すれ違ったり衝突したり…こんなふうにして、わたしたちは少しずつ家族になっていく。母を亡くした小学四年生のフミ。親の離婚で苗字も学校も変えなくてはならなかった六年生のマキ。それぞれの父母が再婚して「家族」となった二人の少女が過ごした始まりの日々を、やさしく見つめる姉妹小説の決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ずるい、ずるすぎる!!。
    こんなステキな本とは知らずに、地下鉄の中&地下鉄で泣いてしまうくらい感動しました。
    ゴエモン2世、君はみんなが寂しい時、辛い時、楽しい時といつも側で静かに見守って、なんて良い猫にゃのらーっ。
    故人を思いやる気持ち、新しい家族を思いやる気持ちに心が何度じーんとなってしまったことか(><)。

    • sorairokujiraさん
      こんな素敵なコメント、読ませていただくこちらからも、「ずるすぎる!」
      さっそく図書館のリクエストに入れました。
      こんな素敵なコメント、読ませていただくこちらからも、「ずるすぎる!」
      さっそく図書館のリクエストに入れました。
      2012/10/18
    • しをん。さん
      猫のお話ですかね?可愛い表紙に、ポニーテールの女の子。
      レビューを読んで、だいぶ気になったので、私も図書館にて予約しました(笑)
      猫のお話ですかね?可愛い表紙に、ポニーテールの女の子。
      レビューを読んで、だいぶ気になったので、私も図書館にて予約しました(笑)
      2012/10/22
  • いろんな家族の形があるけど、まぁるい形になるには、何度も何度もぶつからないといけない。ゆっくりでいい。そうやって出来上がった形はきっとなかなか崩れないはず。

    フミとマキ。きっと大人になって家庭を持ち、母親になった時、すごくいい姉妹になるんだろうなぁ。

  • ほっこりした。読み始めはマキのそっけなさに少しイライラしたけど、最後まで読むとそういう性格の子もいるのかと受け入れることができた。

  • お母さんからの 語りかけが
    どうしても 涙腺が ゆるんでしまった〜

    自分が もし
    子連れ再婚したら…なんて
    想像も しちゃったり

  • 母を亡くしたフミは、父の再婚で新しい家族を持った。
    二つ上の新しい姉・マキは素っ気ない素振りをくり返すが、長く伸びたポニーテールがはフミにとって憧れ。
    姉妹、父母、友だちの中で少しずつ「家族」になっていく……

    重松さんの書く小説には、とてつもなく涙腺を刺激する要素が含まれています。
    姉妹、親子の間の始まりの物語を7つの短編で繋いでいます。
    親子だから、姉妹だから話さずとも分かること、分かってしまうことが「分からない」ことのもどかしさに身もだえしそうにになってしまいます。

    読み進めていると、第5章から急に物語の視点が変わります。
    その変わり方、"ずるい"です。
    予想通りの結末だし、決して一気に関係が縮まるわけではないのですが、この物語を大事にできるのがやっぱりちょっと嬉しいですね。

  • なんて優しい人たちなんだろう。
    泣かせの重松さんで、しばらく読んでなかったが、今回何度も涙腺決壊の危機を繰り返した。
    言葉にうまくできないところの感情って、やっかいだ。
    言葉にできないほど、深いところにあるから、それをうまく伝えられなくて、トゲトゲしてしまうきっかけになってしまったりもする。
    心をまるごと差し出して、見せられるのなら、どんなに楽だろうかと思うけれど。
    家族物で思うのは、お父さんの存在が薄いなーってこと。
    お父さんにもっと頑張って欲しいものだけど。

    • kuroayameさん
      えぬもこの本を読んでいる時に、もう涙がこみあげてくるわこみあげてくるわで、本当に良い作品ですよね★ミ。妹の思う遠慮している部分とか、努力とか...
      えぬもこの本を読んでいる時に、もう涙がこみあげてくるわこみあげてくるわで、本当に良い作品ですよね★ミ。妹の思う遠慮している部分とか、努力とか、お姉ちゃんがそれとなく見せようとする優しさ♪。
      そしてにゃんこが登場するのですが、このにゃんこがとても素敵で、大好きな作品です♥。
      レビューを拝見させていただき感激でした♪。
      2012/10/24
  • 小学生女子の気持ちがぎゅぎゅっと詰まったお話。マキもフミもわかる!

  • マキの気持ちもフミの気持ちもどっちも共感できるからこそもどかしいな。
    マキの無愛想なやさしさが空回りしたり、マキのことを好きになりたいフミの健気なところとか。
    家族のあたたかさがこの本を読んで、どんなに大切かわかった気がする。

  • お母さんが幼い頃に亡くなった小学4年生のフミが主人公となって、
    2才年上のマキや優しい"今の"母親との生活を描きながら、
    家族というのはどのようなものなのかを問いかけてくれる物語です。

    無愛想で冷たい言葉を放つ姉のマキをそれでも慕う妹のフミ。
    それぞれの娘を想い、
    相手の娘に対して精一杯の愛情を注ぐ父と母。

    色々な出来事に笑い悩みながらも、
    徐々に家族としての絆を強めていく一家の様子を読むうちに、
    心が温かくなって自然と穏やかな気持ちになるような気がします。

    父親、母親が読めば登場人物の両親の気持ちが、
    子ども達が読めば主人公やその姉の気持ちがわかるという、
    読む人それぞれの心に響く物語だと思います。

  • 今、多分世の中にはとても多いステップファミリー。こんなふうに思いやりある素敵な家族になれるとよいな。
    重松清、な作品だった。

全153件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

重松 清(しげまつ きよし)。1963年、岡山県生まれの小説家。早稲田大学教育学部卒業。
出版社勤務を経て、フリーライターとして独立。ドラマ・映画のノベライズなどを手がけたのち、1991年『ビフォア・ラン』で小説家デビュー。
1999年『エイジ』で山本周五郎賞、2000年『ビタミンF』で直木賞、2002年『流星ワゴン』で「本の雑誌年間ベスト1」、2010年『十字架』で吉川英治文学賞、2014年『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞をそれぞれ受賞。
山本周五郎賞、講談社ノンフィクション賞選考委員を務める。2017年、早稲田大学文化構想学部客員教授に就任。
『とんび』、『青い鳥』、『流星ワゴン』をはじめ、多くの代表作がドラマ化、映画化されている。

ポニーテールのその他の作品

重松清の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ポニーテールを本棚に登録しているひと

ツイートする